2月25日(月)~3月3日(日)の間、サーバメンテナンスのため、本wikiのサービスを停止します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

キシリア・ザビ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

キシリア・ザビ(Kycilia Zabi)[編集]

概要[編集]

ジオン軍突撃機動軍司令官。階級は少将。常にマスクをしている。

ガルマ・ザビを守れなかったとドズル・ザビに左遷されたシャア・アズナブルジオン・ズム・ダイクンの遺児と知りつつ、懐刀として使う。

ギレン・ザビとは政治的に対立する間柄で、父デギン・ソド・ザビが兄に謀殺されたと知り、ア・バオア・クー攻防戦のさなかに兄を射殺する。しかし父や兄ほどのカリスマ性が無く、ギレンの死によって指揮系統が混乱して戦場の把握が遅れ、ジオン敗北の原因となった。

戦場の脱出を図ろうとしたところでシャアに射殺された。享年24歳。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム
突撃機動軍司令官。後にシャアの上官になる。
機動戦士ガンダム (小説版)
ア・バオア・クー攻防戦においてギレンによってソーラ・レイで暗殺されかけるもシークレットサービスであるランバ・ラルハモンからの報告を受け、事なきを得る。その後、シャアとペガサス隊と共にズム・シティに赴き、シャアのリック・ドムの掌の上からギレンを射殺。直後に掌を返したシャアによって墜落させられ、暗殺された。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN
機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線
第1話冒頭に声のみ登場。重力戦線形成を宣言する演説を行っている。

人間関係[編集]

家族[編集]

デギン・ソド・ザビ
父親。
ギレン・ザビ
兄。政治的に対立している。ア・バオア・クー攻防戦の最中に射殺する。
サスロ・ザビ
次男。
ドズル・ザビ
三男。1st小説版ではキシリアが姉でドズルが弟となっている。
ガルマ・ザビ
四男で弟。

配下[編集]

マ・クベ
部下。
シャア・アズナブル
ガルマ戦死後、左遷された彼を引き取って部下にする。かつて4歳頃の彼と遊んだ経験から彼の正体を見破るが、彼がザビ家打倒からジオニズム追求に目的を変えつつある事を知り、自身の懐刀とした。しかし最終的に彼によって討たれる事となる。
トワニング
ジオン軍の将校。ギレン暗殺時の「名誉の戦死」宣言やキシリアの脱出の手筈を整えるなどの働きを見せている。なお『THE ORIGIN』ではキシリアの副官として設定されている。
キマイラ隊
一年戦争後半に結成された、突撃機動軍のエースを結集して結成された直属のエース部隊。
黒い三連星ゲラート・シュマイザーニムバス・シュターゼンシーマ・ガラハウグラナダ特戦隊マルコシアス隊サイクロプス隊マッドアングラー隊マッチモニード
キマイラ隊と同様、キシリア派に属している軍人、及び特殊部隊。

名台詞[編集]

「意外と、兄上も甘いようで…」
直後にギレン射殺。確かにこの時のギレンは甘かった。

搭乗機体・関連機体[編集]

グワジン
座乗艦。
宇宙用アッザム
『トミノメモ』の記載によると初代第43話で登場予定だった機体。シャアと共に搭乗し、連邦軍との交戦後、彼によって刺殺されるというシナリオだった。

商品情報[編集]

リンク[編集]