デギン・ソド・ザビ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

デギン・ソド・ザビ(Degwin Sodo Zabi)[編集]

概要[編集]

盟友ジオン・ズム・ダイクンと共にジオン共和国設立に尽力した功労者。彼の死後に権力を掌握、ジオン公国として公王制を敷き、独裁体制を固める。

しかし時間が経つにつれ虚無感に襲われるようになり、一年戦争勃発時には全権力を子供達に譲って政治的には隠居した状態になっていた。

末子ガルマの死後、その死を政治的に利用しようとするギレンと対立するようになり、三男ドズルを失ったことで連邦との講和を強行。座乗艦「グレート・デギン」に乗り込みレビル艦隊と接触するが、ギレンによってソーラ・レイの犠牲になる。享年62歳。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム
ジオン公国公王。実質的には隠居した状態。

人間関係[編集]

ジオン・ズム・ダイクン
連邦からの独立の盟友。しかしその後対立を深めていく。ダイクンの急死をデギンによる暗殺と見る説がなかば公然と語られるほど。
ナルス・ザビ (ナリス・ザビ)
妻。小説版ガンダムに名前のみ登場。
ギレン・ザビ
長男。その思想や弁舌で煽り立てる手法を好ましくは思っていなかったようだ。
サスロ・ザビ
次男。ダイクン派の襲撃で死亡。
キシリア・ザビ
長女。
ドズル・ザビ
三男。
ガルマ・ザビ
四男。その資質と明るい性格から、次代を担うものとして溺愛していた。

名台詞[編集]

「私ごときを次期首相にと?」
死の床のダイクンに指差されて曰く。シャアがジンバ・ラルに聞かされたときを回想するシーンに登場。
「貴公はそのヒトラーのしっぽだな」
ギレンに向かって。

搭乗機体・関連機体[編集]

グレート・デギン
座乗艦。

商品情報[編集]

リンク[編集]