ガルマ・ザビ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ガルマ・ザビ
外国語表記 Garma Zabi
登場作品
声優 森功至(1st)
柿原徹也(THE ORIGIN)
興津和幸(ガンダムさん)
デザイン 安彦良和
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間(スペースノイド
性別 男性
年齢 20歳(1st)
23歳(THE ORIGIN)
没年月日 宇宙世紀0079年10月4日
職業 地球方面軍司令官
所属組織 ジオン公国軍 地球方面軍
階級 大佐
主な搭乗機 ガルマ専用ドップ
ガルマ専用ザクII
ガウ
テンプレートを表示

概要 [編集]

デギン・ソド・ザビの末子。ザビ家の御曹司であり、士官学校首席という能力、また美男子ということもあってジオン国民の間のみならず、ファンの中でも人気が高い。

一年戦争ではジオン軍地球方面軍司令官として北米に進駐。しかしその権限は北米方面軍に限られていた。そんな中、ホワイトベースとガンダムを追って降下してきたシャアを歓待するが、戦時下で大規模なパーティを催す、ニューヤーク市長の娘と恋仲になるなど、危機感のなさが表面化。戦果を焦るあまりシャアの策謀にかかってホワイトベースに背後を向けることになり、戦死。その死は兄ギレンによって政治的に利用された。

人柄は良くも悪くもボンボン。おだてに弱く、優れた兄・姉をもつ末っ子として育ったためか軍人としての緊張感が薄い。逆に軍人特有の厳しい雰囲気を持たず、社交的な性格もあって政財界からは好意的に受け止められており、国民からの人気も高かった。裏表がなく、他人を疑うことを知らなかったためにシャアに裏切られて命を落とすことになったのは、あまりにも不幸。 しかし、彼がシャアの策略に嵌ってしまったのは彼の能力が劣るからではなく、度重なるホワイトベースの追撃失敗でザビ家の面子を潰してしまったこと、末っ子という身内内での立場もあったこと、また(反ジオンの)市長の娘イセリナにふさわしい男であることを見せることなど、手柄を焦っていたことが主な原因であろう。結果、その焦りをシャアに付け込まれた形となってしまったが、当時のジオンの状況ではガンダムとホワイトベースに対抗できるだけの戦力がなかった。何よりV作戦に対してジオン軍の司令部そのものが大きな脅威として捉えておらず、現場との温度差が大きかったことも大きな要因であった。

士官としての能力は明らかではないが、軍士官学校でトップの成績(シャアと双璧で、最終試験の際にシャアが突如上官に反抗的な態度をとり、減点を被るという敵失の結果ではあるが)で卒業。前線では指揮官として責任のある立場だったことや、死後、彼の部下が敵討ちを試みるほどに慕われていたということを考えれば、それなりの能力は備えていたと考えられる。彼の最も大きな失敗はシャアのもたらした誤った情報を鵜呑みにしてしまったからである。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN[編集]

『THE ORIGIN』では士官学校時代のシャアと共に多くの場面で登場している。

士官学校ではより具体的に、頭脳明晰・スポーツ万能に描かれており、体力測定以外の判定はすべてA。当時士官学校の校長を務めていた(といっても事実上はガルマを手元に置いておいて安心したい父デギンの計らいによるものだが)ドズル・ザビも感心していたほど。しかし、同期生として入学していたシャア・アズナブル(=キャスバル・レム・ダイクン)の後塵を拝していたことから、その対抗心を激しく燃やすという姿も見せた。始めはシャアに対して敵対心で対抗するばかりであったが、行軍演習の際にシャアを出し抜こうとして失敗し、大怪我を負ってしまったところをよりによってシャア本人に救出されたことからシャアの存在を認められるようになる。この時点で二人は良き友人関係を築いていた。

士官学校卒業間際には、模擬演習の在り方について同席していた連邦軍の士官に舌鋒鋭くシャアが批判し、そこでシャアと士官との間で抜き差しならない状況に陥った際にガルマは(腰が引けながらも)シャアの肩を持つというシーンが描かれている。これが上記の「突然上官に反抗的な態度を取り」に当たる。また、のちに暁の蜂起を炊きつけたことをドズル・ザビに見抜かれ、除隊という形で士官学校を去ったため繰り上がりでガルマが主席として卒業したことになっている。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム
ジオン軍の地球方面軍司令官。大佐。
機動戦士ガンダム (小説版)
TV版とは異なり、シャアによる謀殺が無く、純粋にホワイトベースとの戦いに敗れて戦死する。シャア本人も謀殺の意図は無かったらしく、ガルマに対し深い友情を持っていた。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN
機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
『猿の衛星』のエピソード中、「E計画」を実行した「やんごとなき高官」について触れられた際にトビア達が連想したのがガルマだった。当人と断定されてはいないのであしからず。

人間関係[編集]

家族 [編集]

デギン・ソド・ザビ
父親。「歳をとってから子なぞ作るものではない」と(自分で自分に)ボヤくほどに溺愛していた。そのため彼の早すぎる死にはショックを受け、以後は地球連邦との和平を進めようとするなど「守り」にはいるほど弱気になってしまった。
ギレン・ザビ
「周囲の人々が考えているほど、恐ろしい人ではない」と語っており、兄弟仲はそれなりに良かった模様。死後、自身の葬儀をプロパガンダに利用される。
サスロ・ザビ
デギンの次男。一年戦争時には死亡していたため、アニメ版には登場しない。小説およびスピンオフ作品にのみ登場し、政治的手腕が非常に優れていたとされる。容姿はデギンとよく似ている。
ドズル・ザビ
最も親しい兄。一説には妾腹の子とされ、デギンからはかなり冷遇されていたらしい。そのためかガルマを溺愛し、たとえお飾りであっても前線に送ることに難色を示すなど、容姿からは想像もできないほど大事にしていた。なお、兄弟だがあまりにも似ていないのはドズルが父親似、ガルマが母親似なのだろうか。
キシリア・ザビ
デギンの長女。女傑である彼女もガルマには(他人と比べると)よき姉であったようだ。あまりに緊張感がないためか、時折注意を促すような言葉もあった。

ジオン公国軍 [編集]

シャア・アズナブル
士官学校時代の同期。ガルマは死の直前まで彼を親友だと思っていた。

その他 [編集]

イセリナ・エッシェンバッハ
ニューヤーク市長の娘。お互い結婚を考えていた相思相愛の仲だが反ジオンの父親には大反対をされていた。箱入り娘だが向こう見ずで、初代TV版においてはガルマの死後、他の将兵に混じって敵討ちを挑んだ。
タラ・I・キケロ
直接の面識はないが、死後にガルマの声を精巧に真似てガルマザク事件を引き起こす。

名台詞[編集]

ガルマ「姉に対しても私の男を上げさせようという心遣いかい?」
シャア「フフッ、ハッハッハ…」
ガルマ「笑うなよ…兵が見ている」
第6話「ガルマ出撃す」冒頭、シャアとの談笑で。華々しい戦火のない彼にとっては、指令として、ザビ家の男として大きな「手柄」を立てるチャンス。姉、キシリア・ザビは女性の身でありながらザビ家の女傑。男として一人前であるところを見せたい……そんな本音を見せられるのも、「親友」のシャアだからこそ。後半は、そんなナイーブな(悪く言えば子供じみた)本音を聞かされたシャアが珍しく声を上げて笑ったのを受けて。
「虫の好かない連中だ....」
ニューヤークのパーティー会場にて。厚顔無恥な有力者達には、内心辟易していた。
「180度、回頭…!」
「ガウを…木馬にぶつけてやる…!!」
後方からホワイトベースの攻撃を受け、もはや死が避けられないと悟ると、ホワイトベースを道連れにするべく特攻を決意する。
「謀ったな、シャア…謀ったな!」
窮地に追い詰められ、シャアからの通信でその窮地が彼の仕業である事を知って叫んだ言葉。
「私とてザビ家の男、無駄死にはせん!!」
「ジオン公国に、栄光あれぇぇぇぇッ!!」
優しく軍人向きの性格ではないガルマだったが、最期の最後で兄達にも劣らない雄々しい姿見せつけて散った。その後、ガルマの死をめぐってザビ家が内輪もめへと発展・崩壊していったところを見るに、この出来事がジオン公国にとって大きなターニング・ポイントであったことは間違いない。

搭乗機体・関連機体[編集]

ガルマ専用ドップ
ブラウンに塗装されたドップ。前線に出撃する際に搭乗。
ガルマ・ザビ専用ザクII
ザクIIFS型のガルマ専用機。『MSV』が出典。専用ドップと同様、ブラウンに塗装されている。ドップで出撃することが多かったため、ほとんど搭乗することがなかったとされる。
ガウ
座乗艦。
グフ複合試験型
コックピット兼脱出ポッドのリトル・ドップを備えたグフ。『MSV-R』が出典。元々『ガンダムエース』の一般公募から出たガルマ専用グフのデザインをクリンナップした機体であり、ガルマの搭乗機ではないものの、公募時の名残として機体カラーが専用ザクと同様の物になっている。

ゲームオリジナル機体など [編集]

ガルマ専用ゲルググ
ワンダースワンカラー用ソフト『ギレンの野望 特別編 蒼き星の覇者』に登場する専用ゲルググ。専用ザクと同様のカラーで、頭部バルカン砲が追加されている。

商品情報[編集]

リンク[編集]