イセリナ・エッシェンバッハ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

イセリナ・エッシェンバッハ(Icelina Eschonbach)[編集]

  • 登場作品:機動戦士ガンダム
  • 声優:藩恵子
  • 性別:女
  • 所属:民間人
  • 主な搭乗機:ガウ
  • キャラクターデザイン:安彦良和

ジオン軍がの占領下にあったアメリカ大陸のニューヤーク市・前市長エッシェンバッハの娘。ガルマ・ザビとは相思相愛の仲であったが、父親からは結婚を反対されていた。

ガルマがホワイトベースと戦って戦死したため、ガルマの部下であったダロタに直訴してガウに同乗し、ガルマの敵討ちに参加するが、失敗し深手を負っていた彼女はガウから転落し死亡する。遺体はアムロたちによって埋葬された。死の直前にアムロに「仇」と言い放ったことが、アムロに衝撃を与えた。

ちなみに、劇場版では特攻シーンがカットされているため、彼女の死は描かれていない。

また「THE ORIGIN」では父親の名前がヨーゼフ・エッシェンバッハという名前で登場しているが、反ジオンゲリラと通じていたためにガルマ死後、ジオンに射殺される。(イセリナのその後は不明)

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム

人間関係[編集]

ガルマ・ザビ
恋人。
ヨーゼフ・エッシェンバッハ
父。ニューヤーク市の前市長。娘とガルマの交際に反対していた。フルネームは「THE ORIGIN」より。

名台詞[編集]

「ガルマ様の仇!」
アムロに向けての言葉。

搭乗機体・関連機体[編集]

ガウ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]