2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ゲルググ

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

MS-14A ゲルググ (Gelgoog)[編集]

概要[編集]

ジオン軍が一年戦争末期に、主力モビルスーツとして開発した機体。
同時期にギャンとの形式的なコンペにより採用になった。開発にあたっては地球連邦軍ガンダムを意識しており、ジオン軍の量産機としては初の携行ビーム兵器、ビーム・ライフルとビーム・ナギナタを装備している。カラーリングは、緑とグレー。
ビーム兵器の運用のため、高出力なジェネレータを本機のために新開発した。これは、内蔵型メガ粒子砲をもつ水陸両用機のものをベースとしたが、水冷式をとることはできないので、胸部全周にもうけられたエアインテークから吸気する空冷式を採用した。
スラスターの付いたバックパックを装備せず、腰部スカート内、脚部フレア内にドムのエンジン技術を用いたスラスターを設けている。これは他のモビルスーツにはない特徴である。このため、様々なバックパックを追加装備することで、高機動型キャノン型のように運用方法を変えることができる。また、大気圏内での機動性の向上のため、前腕部に補助スラスターを内蔵している。しかし、宇宙空間ではデッドウェイトとなるので、武器に換装することもある。ザクIIグフなどに見られた頭部と脚部の動力パイプは、被弾を抑えるため内蔵している。
量産型のモビルスーツとしては破格の性能があり、ガンダムに迫るものがあったが、投入次期がジオン劣勢の終局であり、多くは熟練されていない学徒兵によって運用されたこと、また、扱いなれたザクIIやリック・ドムに好んで搭乗するパイロットがいたこともあって、結局戦局を覆すことはできず、戦争は連邦軍勝利で幕を閉じた。一部は地上部隊にも配備され、北アフリカ方面にその姿が見かける。

本機はザクや連邦軍のジムのように、多くの派生型が存在する。
本機の量産にあたって先行量産機(MS-14SあるいはYMS-14)が25機生産され、その一部がエース専用機としてカラーリングされて運用された。そのうちの1機がシャア専用ゲルググであり、残りもエースパイロットで編成したキマイラ隊などにバックパックとともに配備された。
増加スラスターパックを装備するB型と、ビーム・キャノンパックを装備するC型は、戦地でバックパックのみを換装することが可能で、戦場で最初にB型で出撃し、補給に戻った母艦でC型で再出撃したパイロットもいる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム
ア・バオア・クー戦に複数機登場。
機動戦士Ζガンダム(TV版)
大破したグワジン級に遺棄されたゲルググを、ネモ1機分の部品で修理し、レコア・ロンドのジュピトリス潜入任務に使用された。その後百式のメガ・バズーカ・ランチャーのエネルギーチャージに利用された。
機動戦士ガンダムΖΖ
マサイ・ンガバの恋人が使っていた赤いゲルググが登場し、他にも「青の部隊」のディート・カルトハの青いレプリカ機が登場した。
機動戦士ガンダム MS IGLOO
『黙示録0079』第3話「雷鳴に魂は還る」に多数が登場。
機動戦士ガンダム戦記 アバンタイトル
エリク・ブランケ機が登場している。
機動戦士ガンダムUC
袖付き仕様として登場。緑色に塗装されており、両手首と胸部中央に袖付き所属を表す装飾が施されている。ギラ・ドーガ用のビーム・マシンガンを装備しているため、ある程度の近代化改修を受けていると思われる。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
バックパックを換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
量産機としてはジオン初の携行ビーム兵器。高性能センサーにより高い照準値を誇る。しかし、開発・生産が遅れたことで前線への本武装の配備が遅れ、ジャイアント・バズや120mmマシンガンを装備する機体もあった。余談だが、媒体によってトリガーガードのサイズにバラつきがあり、ガード内に入れる指が人差し指、人差し指と中指、親指以外の3種類に分かれる。
ジャイアント・バズ
ロケット推進で360mm口径の実弾を射出するバズーカ。ドムからの流用。『Ζ』第26話で本装備の機体が登場している。
120mmマシンガン
いわゆるザク・マシンガン。ザクIIからの流用。
110mm速射砲
前腕部の補助推進装置を使わない、宇宙で運用される機体は、代わりに前腕部に装備する。
ビーム・ナギナタ
量産機としてはジオン初の携行ビーム兵器。柄の両端からS字にビーム刃が発生。ただし取り回しに難があり、振り回すと自身を斬ってしまいかねないので、ビーム刃を片側のみ発生させて使用するパイロットもいる。
シールド
ラグビーボールのような端の尖った楕円形のシールド。耐ビームコーティングが施されている。非使用時は背中にマウントする。
ビーム・マシンガン
一般機用ギラ・ドーガ用のもの。袖付き仕様が装備。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゲルググ (ジャコビアス・ノード仕様機)
元キマイラ隊のスナイパーにして、民間軍事会社『テミス』社長であるジャコビアス・ノードの専用機。頭部にザクフリッパーで使用されていた多機能三連カメラを装備し、ジム・スナイパー系列の狙撃用ビームライフルを装備している。
高機動型ザクII (R-3型)
先行試作型ゲルググとも呼ばれる、ゲルググシリーズの原型機。
先行量産型ゲルググ
本機の先行量産型。エースパイロットに支給された。
シャア専用ゲルググ
シャア・アズナブル専用機。
ガトー専用ゲルググ
アナベル・ガトー専用機。武装に試作型ビーム・ライフルが含まれている。
高機動型ゲルググ
背部に増加スラスターパックを装備した機体。名だたるエースパイロットに愛された傑作機の1つ。
ゲルググキャノン
背部にビーム・キャノンパックを装備した機体。
ゲルググ (サンダーボルト版)
背部にビーム・ジェネレーターとプロペラントタンクが一体となったバックパックを装備した機体。
デザート・ゲルググ
本機の砂漠専用機。砂中に潜行することを考慮してスコープが取り付けられている。
陸戦型ゲルググ
地上戦に対応するためにスラスターの調整や防塵処理をされた機体。
ゲルググG
陸戦型ゲルググの砂漠戦用機。デザート・ゲルググとは別物。
ゲルググM
ゲルググの海兵隊仕様機。背部のプロペラントタンクが特徴。
シーマ専用ゲルググM
シーマ・ガラハウ専用機。プロペラントタンクが増設されている。
ゲルググ[シュトゥツァー]
ジオン残党軍が独自に改修した機体。
ゲルググJ
統合整備計画によって再設計された性能向上機。宇宙空間での運動性や機動力、通信系が強化されている。
リゲルグ
第一次ネオ・ジオン抗争当時の最新技術で再設計・生産したゲルググ。
RFゲルググ
オールズモビルが運用している本機を模した機体。
シャルル専用ゲルググ
シャルル・ロウチェスター専用機。性能が大幅に向上している。
ギャン
次期主力候補の競合機。
ガルバルディα
ゲルググとギャンの設計を統合した機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]