アクト・ザク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アクト・ザク
外国語表記 Act Zack
登場作品
デザイナー
  • 大河原邦男(MS-X)
  • カトキハジメ(MSD)
  • テンプレートを表示
    スペック
    分類 試作型モビルスーツ
    型式番号 MS-11
    頭頂高 18.2m
    重量 59.1t
    主動力 熱核融合炉
    ジェネレーター出力 1,440kW
    スラスター総推力 64,800kg
    装甲材質 超硬スチール合金
    センサー有効半径 3,600m
    開発組織 ジオン公国軍
    所属 ジオン公国軍
    所属組織
    主なパイロット
  • マレット・ザンギーヌ
  • ヴァシリー・ボッシュ
  • 地球連邦軍兵士
  • 新生ネオ・ジオン軍兵士
  • テンプレートを表示

    概要[編集]

    ザクIIのブラッシュアップと運動性の向上を目的にペズン計画によって開発された機体。統合整備計画の影響を受けたため生産性の高い設計が導入されている。ジェネレーター出力の向上により、ビーム兵器が運用可能となっている。流体パルス方式ではなくフィールドモーター方式を採用し、関節部にはマグネット・コーティング(どうやって入手したかは不明)を導入しているため運動性が格段に向上している。あまりに機動性が高くなっているためリミッターが設けられている。後に連邦軍に接収されており近代化改修を施され使用されている。

    THE ORIGIN』の設定に準じた『MSD』では、基本的に従来の設定を踏襲しているが、「大戦中、完成には至らなかった」と、実機が生産されていない事が明言されており、代わりにテストタイプキシリアの部隊に配備されたとされている。

    登場作品と操縦者[編集]

    MS-X
    出典元。ビーム兵器の装備が可能だが、ビーム・ライフルなどの武器設定はされていない。
    機動戦士Ζガンダム
    第14話にギャプランの随伴機として登場。武装は後述するビーム・ライフルを携行している。
    機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに...
    マレット・サンギーヌの機体として登場。Ζ版に近いカラーリングの他、ブレードアンテナが追加されており、ビーム・ライフルとゲルググのシールドを携行している。ガンダム5号機との最後の対決では、戦闘中にリミッターを解除している。
    MSD
    『MS-X』から設定を変更した上で登場。開発はされていたものの一年戦争中、完成には至っていない。

    装備・機能[編集]

    武装・必殺攻撃[編集]

    専用ブルパップ・ガン
    本機専用の4連装マシンガン。
    ビーム・ライフル
    本機用のビーム・ライフルは設定されておらず、『Ζ』に登場した際に装備していたハイザックマラサイ用のビーム・ライフルを基本装備として扱っている。マレット機はそれとほぼ同型の物(グリップが無い)を使用している。
    ザク・マシンガン改
    上記のビーム・ライフルと同様、『Ζ』に登場する機体が装備している。一年戦争からデラーズ紛争までの機体を収録しているアーケードゲーム『ガンダムカードビルダー』では、「初期型」として『Ζ』から逆輸入されており、「試験的にアクト・ザクなどの武装として運用されていた」と、一年戦争の時点で本武装が生産されていた事を仄めかす記述がある。
    専用ヒート・ホーク
    加熱式の実体斧。本機用に大型化されている。マレット機はこれを2基装備する。
    ビーム・サーベル
    腰部リアスカートに2基装備している。『MSD』用に新たに設定された武装。
    シールド
    ゲルググ用のシールド。マレット機が装備する。
    クラッカー、ビーム・バズーカ
    『MS-X』で本機用に考案されていた武装。この内、バズーカはペズン・ドワッジ用の武装として認識されている。

    対決・名場面[編集]

    ガンダム5号機

    関連機体[編集]

    ザクII
    原型機。
    アクト・ザク (キシリア部隊機)
    本機(MSD版)のテストタイプ。MSD設定では唯一、一年戦争時に生産された機種。

    商品情報[編集]

    リンク[編集]