マラサイ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
マラサイ
外国語表記 Marasai
登場作品
デザイナー 小林誠
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 RMS-108
頭頂高 17.5m
全高 20.5m
本体重量 33.1t
全備重量 59.4t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,790kW
スラスター総推力 74,600kg
アポジモーター数 8
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 10,900m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 ティターンズ
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ティターンズの量産型モビルスーツハイザックの発展型としてアナハイム・エレクトロニクス社グラナダ工場で開発された。本来なら並行して開発されていたネモと共にエゥーゴに引き渡されるはずだったが、一次生産された機体はアナハイム社が「ガンダムMk-II強奪事件」に関与した疑いをかわす目的でティターンズへと無償で引き渡された[1]。このため、ティターンズ(地球連邦軍)側が持ち得なかったガンダリウムγの技術もティターンズの元へ渡る事となり、グリプス戦役の全陣営がガンダリウムγを使用したモビルスーツを運用するという形になった。

ハイザックをベースとしつつも、ムーバブルフレームを採用[2]し、ジェネレーターも強化されている為、ビーム・ライフルとビーム・サーベルの同時運用も可能となっている。また、カタログスペック上はリック・ディアス百式に匹敵し、操縦性も高い。反面、ハイザックの延長線上の機体にも関わらず機体コストが高く、軍の主力機とはならず、主にティターンズ等の一部のエリートへの支給が優先され、連邦軍ではハイザックやジムIIが引き続き主力として運用されており、マラサイ自体も後に登場するバーザムに主力の座を譲る事となる。

グリプス戦役後は残存機がネオ・ジオンに渡り、継続運用されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Ζガンダム
先行生産型十数機がティターンズに引き渡され、その内の2機にジェリドやカクリコンが搭乗し、カミーユガンダムMk-IIと交戦したが、両者とも撃破されている。
ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者
アーネスト機とライネス機が登場。ジム・クゥエルから機種転換する形で乗り換え、ダミーバルーンを使いジェットストリームアタックを二機で行うなどの戦法を見せた。
ニューギニア基地でライネス機がアッシマー[ダンダチャクラ]に撃墜され、アーネストも宇宙へ上がりガブスレイ[フギン]に乗り換える形で退場した。
機動戦士ガンダムΖΖ
第45話、ハマーン派の通常カラーの機体や進軍するグレミー軍の中にグレミー軍カラー(灰色)の機体がハイザック(こちらもハマーン、グレミー双方で)と共に運用されていているのが確認できる。
機動戦士ガンダムUC (アニメ版)
ジオン軍残党が運用してトリントン基地を強襲、防衛隊のジムII等を圧倒するもののバイアラン・カスタムに撃破される。
機動戦士ガンダム サイドストーリー オブ ゼータ
ハイザックやアッシマーと共にエゥーゴ(ジオン)陣営のMSとして登場している。
機動戦士ムーンガンダム
1話冒頭の戦闘にティターンズ残党の戦力として登場している。
機動戦士ガンダム ジオンの再興
ジオン陣営の主力MSとして活躍している。
機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST
強盗団が搭乗。損傷したモノアイの上に単眼センサーが4つ並べられている。また、ビーム兵器も使用出来ない為、実体剣を装備している。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。バルカンユニットは換装式で、マイクロミサイルユニットの搭載も検討されていた。
ビーム・サーベル
シールド裏面に2基マウントされている。ゲルググのビーム・ナギナタ用デバイスの発展形を採用。柄の部分が標準的な物よりも長い。
ビーム・ライフル
Eパック方式の携行兵装。ハイザックと同じものを使用している。
フェダーイン・ライフル
ガブスレイ等が装備する高出力ビーム・ライフル。戦艦の残骸程度であれば一撃で消滅させられるだけの出力を持つ。ストックにはビーム・サーベル用エミッターがあり、接近戦にも対応可能。
『星の鼓動は愛』で登場した機体が装備していたが、使用は確認されていない。『UC』では使用が確認されている。
シールド
右肩に固定装備されているシールド。ハイザックよりも大型化されており、折りたたみも可能。裏側にはビーム・サーベル用のホルダーを備える。
海ヘビ
携行式の電撃兵器。『UC』に登場するジオン残党の機体が使用している。
ビーム・マシンガン
ギラ・ドーガ用の射撃兵装。『UC バンデシネ』に登場する袖付き所属の機体が使用している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

マラサイ (Define版)
漫画『機動戦士Ζガンダム Define』における本機。開発経緯に変更があり、リック・ディアスの開発データを盗用したデッドコピー機となっている。
ロゼット
ADVANCE OF Ζ ~ティターンズの旗のもとに~』に登場したハイザックをベースに開発された本機の試作機。
マラサイ改
本機のカスタム機。
ストライク・マラサイ
地上用に現地改修した機体。
レジオンマラサイ
レジオンによって鹵獲・再生産された機体。
ハイザック
前任機。
ギラ・ドーガ
本機の設計思想を引き継いだ形で、ザクIIIなどの機体を統合して完成した。

余談[編集]

  • 当初はエゥーゴの量産機としてデザインされた当機だが、製作陣営から「両陣営でモノアイ機とゴーグル機が混在するのは混乱する」と言う意見が出た為、急遽ティターンズ側の機体に変更されており、これが上記の「政治的理由」の参考にされている(リック・ディアスやメタスのようなモノアイ機がエゥーゴ陣営に存在するが、一般向けの量産機では無い事から許容された模様)。
  • 初期設定では「ドミンゴ」という名前だった(ギャプランも同様)。ただ、同名の車が商標登録済みだったため「マラサイ」に変更されたとされている。「マラサイ」の名称に関しては、書籍『機動戦士ガンダムの常識 モビルスーツ大全 Ζ&ΖΖ&逆襲のシャア編』での記述によると、急な変更を受けた製作スタッフの「今さら~」という発言か元になっているとされている。
    • 一方で「ドミンゴ」の名称が『ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者』で、過去にエゥーゴがテストしていた機体の1つとして挙がっている。
  • 本機のデザインは後に、ロボットアニメ『装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー』に登場するアーマードトルーパー「ブラッドサッカー」のモデルになっている。

商品情報[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. この際、型式番号もMSA-002からRMS-108へと変更されている
  2. Mk-II強奪前(ムーバブルフレーム技術取得前)から開発されている為文字設定記述で言及されていないがおそらく厳密には「ブロックビルドアップ構造」と思われる。