2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

マラサイ

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

RMS-108 マラサイ(Marasai)[編集]

ティターンズの量産型モビルスーツハイザックの発展型で、アナハイム・エレクトロニクス社で開発された。
本来ならエゥーゴに引き渡されるはずだったが、アナハイム社が「ガンダムMk-II強奪事件」へ関与していたのではないかと疑われ、それをかわすためにティターンズへと無償で引き渡された(この際、型式番号もMSA-002からRMS-108へと変更されている)。このため、ティターンズ(地球連邦軍)側が知らなかったガンダリウムγの技術もティターンズの元へ渡る事となり、グリプス戦役の全陣営がガンダリウムγを使用したモビルスーツを運用するという形になった。
ハイザックをベースとしつつも、ムーバブルフレームを採用し、ジェネレータも強化されている為、ビームライフルとビームサーベルの同時運用も可能となっている。また、カタログスペック上はリック・ディアス百式に匹敵し、操縦性も高い。反面、ハイザックの延長線上の機体にも関わらず機体コストが高く、軍の主力機とはならず、主にティターンズ等の一部のエリートへの支給が優先され、ハイザックやジムIIが引き続き主力としんなり、マラサイ自体も後に登場するバーザムに主力の座を譲ることとなる。

当初はエゥーゴの量産機としてデザインされた当機だが、製作陣営から「両陣営でモノアイ機とゴーグル機が混在するのは混乱する」と言う意見が出た為、急遽ティターンズ側の機体に変更されており、これが上記の「政治的理由」の参考にされている(リック・ディアスやメタスのようなモノアイ機がエゥーゴ陣営に存在するが、量産機では無い事から許容された模様)。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Ζガンダム
先行生産型十数機がティターンズに引き渡され、その内の2機にジェリドやカクリコンが搭乗し、カミーユガンダムMk-IIと交戦したが、両者とも撃破されている。
機動戦士ガンダムUC
ジオン軍残党が運用してダカールを強襲、防衛隊のジムII等を圧倒するもののバイアラン・カスタムに撃破される。
機動戦士ガンダム サイドストーリー オブ ゼータ
ハイザックやアッシマーと共にエゥーゴ(ジオン)陣営のMSとして登場している。
機動戦士ガンダム ジオンの再興
ジオン陣営の主力MSとして活躍している。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵。
ビームサーベル
シールド裏面に2本マウントされている。
ビームライフル
エネルギーパック方式の携行兵装。ハイザックと同じものを使用している。
フェダーインライフル
『星の鼓動は愛』で登場した機体が装備していたが、使用は確認されていない。機動戦士ガンダムUCでは使用が確認されている。
シールド
右肩に装備されている。ハイザックよりも大型化されており、折りたたみも可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

マラサイ (ジオン残党軍機)
ロゼット
ADVANCE OF Ζ ~ティターンズの旗のもとに~』に登場したハイザックをベースに開発された本機の試作機。
ハイザック
前世代機。
ギラ・ドーガ
本機の設計思想を引き継いだ形で、ザクIIIなどの機体を統合して完成した。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]