ルンガ沖砲撃戦

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルンガ沖砲撃戦
発売日 1992年1月21日
テンプレートを表示

概要[編集]

CD『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY CDシネマ/ルンガ沖砲撃戦』に収録されているCDドラマ。『0083』本編第7話と第8話の間の出来事であり、オリジナルキャラクター「アリスタイド・ヒューズ」を始めとするアルビオンクルーの奮闘と、ルンガ沖におけるアルビオンとジオンの補給部隊の戦いが描かれる。

戦闘だけでなく、ニナの口から「ゼフィランサス」「サイサリス」の名称が出てくる、映像媒体でまず名前の出ないザクIIC型がヒューズの口が出る等、貴重な場面も存在。

また、0083本編の第7話では未収録だった、第8話の次回予告がCDドラマの最後に収録されている。

ストーリー[編集]

宇宙世紀0083年11月5日。月のフォン・ブラウンを後にソロモン海へ向かっていたアルビオンは、道中で試作1号機による試作ビーム・ライフルの発射テストを行っていたが、本来別機体の物を用いていた事から調整は難航していた。

調整に必要なスタビライザーを調達するべく砲術科を訪れるニナ達だったが、そこで会った砲術長アリスタイド・ヒューズから時代に取り残された砲術科の悲哀を聞かされる事となる。

そんな中、アルビオンは差し掛かったルンガ沖でジオンの補給艦を捕捉。直後、後方からチベ級の奇襲を受け窮地に陥る。迫りくる敵に単機で挑まざるを得なくなるコウと砲術科の意地を見せようとするヒューズ。ここにルンガ沖における砲撃戦が始まった。

登場人物[編集]

本作オリジナルキャラクター [編集]

アリスタイド・ヒューズ
アルビオンの砲術長。ルウム戦役で漂流した経験を持つ人物で、砲術科のプライドを奪ったモビルスーツを恨んでいる。ルンガ沖における砲撃戦を千載一遇のチャンスと見、嬉々として砲戦に挑む。

0083本編の登場人物[編集]

コウ・ウラキ
ニナ・パープルトン
モーラ・バシット
エイパー・シナプス
チャック・キース
ピーター・スコット
ジャクリーヌ・シモン

登場メカ[編集]

モビルスーツ[編集]

艦船 [編集]

武器 [編集]

  • A.E.Blash XBR-L-83d 試作ビーム・ライフル

収録曲 [編集]

THE WINNER
0083前期主題歌。CD冒頭で流れる。
Evergreen
0083後期エンディング。冒頭のあらすじとCDドラマの後に流れる。
MAGIC
0083前期エンディング。CDドラマの合間に流れる。
MEN OF DESTINY
0083後期主題歌。MAGICに続いて流れる。

関連作品[編集]

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
本編。
機動戦士ガンダム0083 REBELLION
本作からアリスタイド・ヒューズが出演。第2話から登場している。
機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙 (PS2版)
コウ・ウラキ編シナリオに本作の戦闘をモチーフにした戦闘ステージが収録されている。

商品情報[編集]

CD[編集]

Blu-ray[編集]

※CDシネマ「宇宙の蜉蝣」、ピクチャードラマ「宇宙の蜉蝣2」を同時収録

リンク[編集]