コウ・ウラキ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

コウ・ウラキ(Kou Uraki)[編集]

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYの主人公。

地球連邦軍の士官学校卒のモビルスーツマニアで、ニンジンが嫌い。階級は少尉(後に中尉に戦時昇進)。

新開発のガンダム試作2号機がジオン残党に奪われた際にガンダム試作1号機の近くに居たために咄嗟に乗り込み、追撃する。その造詣の深さが災いし、陸戦用の試作1号機を自前でカスタマイズ、宇宙に出て行ったが、シーマゲルググMに半壊に追い込まれ、さらにはニナに罵られる始末。

試作2号機の一連の奪還作戦、及びジオンのエースであるアナベル・ガトーとの交戦により、パイロットとしても人間としても飛躍的に成長していく。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
主人公。

人間関係[編集]

アナベル・ガトー
ニナ・パープルトン
チャック・キース
サウス・バニング
隊長。
エイパー・シナプス
ベルナルド・モンシア
アルファ・A・ベイト
チャップ・アデル
ケリィ・レズナー
シーマ・ガラハウ

名台詞[編集]

「モンシア中尉、オムツ持参でお供します」
第4話より、コウとキースの新米2人と編成を組まされて「2人も小便小僧はいらない」と不満を露にするモンシアに対しての切り返し。物語冒頭の不安げな表情とは打って変わって、落ち着いた表情で言ってのけた。
「ウラキ少尉、突貫します!」
同上、ビッター隊に包囲された際、ガンダムパイロットである事をいいことに単機で包囲網に活路を開くよう、挑発してきたモンシアに対して。塹壕から飛び出したコウは、ビーム・ライフルとブルパップ・マシンガンの同時攻撃で2機のドム・トローペンを撃破。同時に初のモビルスーツ撃墜を果たす。これにはモンシアも「案外やるじゃねぇか」と少しは実力を認めた。コウが腕を上げてきた事がよく分かるシーンである。
なお、よく見られる「吶喊とっかんします!」という表記だが、吶喊の意味は「突撃の際に味方を鼓舞するための叫び(例:準備はいいか!)」である。この場合、不適切のように見えるが、コウの突貫に続いてモンシアとキースが攻撃を開始しているため、あながち間違っていないと思われる。
「ガトー! 俺は決着をつけるまで、お前を追い続ける!」

迷台詞[編集]

「ニンジン、いらないよ」
第1話より、食堂での台詞。この後、お盆にニンジンがどっさり乗せられた(苦笑)。新米パイロットである以前に子供っぽさがあるシーンである。後のエピソードでもニンジンと格闘する事に。

搭乗機体・関連機体[編集]

ガンダム試作1号機
ガンダム試作1号機フルバーニアン
ガンダム試作3号機
ガンダム試作3号機ステイメン
ザクIIF2型 (連邦軍カラー)
ヴァル・ヴァロ
ケリィと共に修復している。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]