2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

デラーズ紛争

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

デラーズ紛争(Delaz Conflict)[編集]

宇宙世紀0083年10月13日にデラーズ・フリートアナベル・ガトー少佐が、地球連邦軍のオーストラリア・トリントン基地で停泊中の強襲揚陸艦アルビオンの格納庫にある2機の試作ガンダムのうち、核弾頭を搭載したガンダム試作2号機を強奪してから、翌0084年3月10日の終戦までの戦争の事をいう。

ガンダム試作2号機強奪事件後、ジャブローより強襲揚陸艦アルビオンと、トリントン基地で補充されたMS部隊とで2号機追撃任務を拝命。デラーズ・フリートの宣言した「星の屑作戦」を阻止の為に作戦行動をおこなう。

しかし、2号機追撃任務はほぼアルビオンの単独任務に近かったため、連邦軍の上層部には伝わりきれず、観艦式が行われていたコンペイトウ(宇宙要塞ソロモン)への核攻撃を許し、北米大陸へのコロニー落としまでも阻止することはできなかった。後に軍事裁判が開廷され、ガンダム1号機のパイロット、コウ・ウラキ中尉(戦時階級)は少尉に降格し懲役1年、エイパー・シナプス大佐は極刑(死刑)、ジョン・コーウェン中将は失脚となった。しかし、後にGPシリーズの存在そのものが隠蔽されたため、コウの罪も消滅、懲役から開放された。

なお、この紛争を契機に「ティターンズ」が結成され、後のグリプス戦役へと繋がっていく。


また、観艦式の襲撃においては連邦政府はトリントン基地の核が使われたという事実を重く見たために、撃沈から逃れた多くの連邦兵士や艦隊を全て『行方不明』として処理してしまっている。そのため勝手に行方不明とされた将兵達の不満を募らせる結果となり、挙句の果てに反連邦組織である『シン・フェデラル』を生み出す要因となっている。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
機動戦士ガンダム カタナ
直接登場しないが、その1年後の世界観を描いた内容であるため話に大きく関係している。

関連人物[編集]

エギーユ・デラーズ
アナベル・ガトー
ジョン・コーウェン
ジーン・コリニー
ジャミトフ・ハイマン
バスク・オム
シーマ・ガラハウ

関連用語[編集]

デラーズ・フリート
地球連邦軍
アナハイム・エレクトロニクス社
ガンダム開発計画
コロニー落とし
シン・フェデラル


話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]