スペースコロニー

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

スペースコロニー(Space Colony)[編集]

人類が宇宙空間で生活するために作った大規模な「人工の大地の植民地」。技術的には宇宙ステーションの延長に存在する物。数百から数千人の人類が自給自足できるように作られている。その大きさのため、月と地球との関係で安定するラグランジュポイントで疑似的な衛星として周回するように設置されることが多い。

ガンダムシリーズにおいてはほとんどの作品で登場する。

宇宙世紀・リギルドセンチュリーのスペースコロニー[編集]

人口増加や環境汚染などの問題を解決する手段として宇宙移民が開始され、それを受け入れるためのものとして作られ始める。

全長35km、直径6.4kmの円筒形をしており、1基で100億トンもの重量を持つ。形は密閉型及び開放型(外にミラーがついていて外光を取り入れられるようになっている、おなじみのアレ)とがある。

各ラグランジュポイントに配置されているコロニー群は各々サイド1~サイド8と呼ばれている。
サイド」はそこに群立するコロニー群を指す。「ルウム」「ムンゾ」「ノア」など呼称を持つ。その中での各コロニーは建造順に「バンチ」で番号を付けられる(個別に名をつけられるものもある)。

地球連邦が崩壊して各サイドが独立国家となった後の宇宙世紀では、『コロニー』という呼称は差別用語として公の場で使用する事が禁止され、代わりに『セツルメント』と呼ばれるようになる。しかし、後のR.C.の時代では再び『コロニー』と呼ばれている。

サイド1、2、4
一年戦争(厳密には一週間戦争)開戦時にジオン公国に奇襲を受け、住民は全滅。サイド2のコロニーの一基がブリティッシュ作戦=地球への大質量投下攻撃に用いられる。
一年戦争後は復興されるも、サイド1の30番地では反地球連邦運動家撲滅のための毒ガス攻撃「30バンチ事件」が起き、住民は全滅。
サイド2の12バンチはティターンズのグリプス2のコロニーレーザーにより破壊。
同じくサイド2の21バンチはティターンズの毒ガス攻撃により住民全員死亡。
また、サイド4は一年戦争緒戦で壊滅(その宙域はコロニーや宇宙線の残骸が絶えず放電現象を起こすことから『サンダーボルト宙域』と呼ばれるようになる)。加えて某コロニーはネオ・ジオンのコロニー落としに使われてしまう。
…と、いいとこなしのコロニー群である。
なお、U.C.0106年以降に再びコロニーはその数を増やすが、それは新興団体の登場を呼ぶものであった。
サイド3
地球から見て月の向こう側のポイント。U.C.0062年に独立を宣言、ジオン共和国を樹立する。だが指導者の死、共和制から公国への移行などもあり以後地球連邦との溝を深める。
一年戦争末期にザビ家一党がほぼ戦死した後、残った指導者層が降伏、ジオン共和国として自治を維持する。
最も地球から遠いサイドであり、設置条件が一番厳しい場所でもある為か唯一内部環境の維持を重視した密閉型のコロニーを使用している。
サイド5
かの有名な「ルウム戦役」の行われた場所。コロニーの開発もあまり行われておらず、被害もほとんど無かったようである。
テキサスコロニーがあるのもここである。
サイド6
一年戦争開戦直後に中立を宣言。そのためこのコロニー内(宙域ではない)での戦闘行為及び兵装の開封等は地球連邦、ジオンの別なく厳しく制限される。
連邦軍人とジオン軍人が互いの立場を知らずに出会ってしまうことのよくある場所である。
サイド7
月から見て地球の裏側のポイント。開発の遅れたポイントであるが、月及びサイド3から遠いために地球連邦が兵器開発等に用いた。軍用コロニーが数機あるだけで民間コロニーはほとんどない。
一年戦争後は「グリーン・オアシス」となり、ティターンズの庭と化す。
サイド8
U.C.0210年代に建設されていた最も新しいサイド。地球連邦崩壊の後には中立を維持している。その後議会軍の侵攻を受け「ガイアの光事件」の舞台となった。

Gガンダムのスペースコロニー[編集]

国家は地上を離れ、全て独自のコロニーを持つに至っている(そして地球の管理権を争い、ガンダムファイトが行われる)。

終盤になってやっと各国のコロニーの全容が明らかになるが…その姿は宇宙世紀ファンの脳天に致命的な一撃を与えた。

各国の宗教観等を表していて非常に面白い。

ガンダムWのコロニー[編集]

ガンダムXのコロニー[編集]

第7次宇宙戦争以前は数多くのスペースコロニーが存在していたが、後にザイデル・ラッソ率いる宇宙革命軍が発足した事で、人類史上最悪とも言える戦争に巻き込まれてしまう。

月の裏側にある『クラウド9』を中心に発足した宇宙革命軍は、自分達に従わないコロニーの住民を悉く虐殺。挙句、それらを質量兵器として大量に地球へ落とすという暴挙にまで発展させた(カトック・アルザミールの妻子も虐殺によって命を落とし、遺されたコロニーは地球への攻撃に利用された。しかしガンダムXのサテライトキャノンによって防がれている)

∀ガンダムのコロニー[編集]

作品上、地球と月しか出てこないので、地球と月の中間点以外の場所は登場しない。

登場するものも「ザックトレーガー」と呼ばれる自転を利用した大型射出装置のみである。

ガンダムSEED及びSEED DESTINYのコロニー[編集]

コーディネイターが中心となって新世代のコロニー群を「プラント」という、それまでのガンダムで描かれた気密型および開放型とはまったく違った「砂時計型」とでもいう形をしている。

なお、この世界でのスペースコロニーは、ナチュラル(遺伝子操作していない人、しない人)とコーディネイター(遺伝子操作している人)との住み分けとして機能している。

但し、中立国のオーブの「ヘリオポリス」などにはナチュラルとコーディネイターが共存しているケースもある。

場所はL5(地球から見て月の向かって右側のラグランジュポイント)にあるらしい。最初に登場したヘリオポリスも同様である。

ガンダム00のコロニー[編集]

開発は発展途上で本格的な宇宙移民は行われておらず、宇宙世紀シリーズに登場したムーン・ムーンのような島2号型コロニーが十数機ほど建設されたぐらいである。
また、コロニーは人類共通の財産とされており、コロニー内の戦闘は厳禁となっている。

ガンダムAGEのコロニー[編集]

シリンダー状のコロニーが登場する。

大きさは全長約25キロ、直径約6キロで、回転速度は0.50rpmとされ、時刻はグリニッジ標準時が使用される。

土壌は土壌はナノマシンにより改良されており植物には遺伝子改良が施されている。

居住可能な人数には限界があり人口密度は低く保たれている為、難民は歓迎されておらず、コロニーの住民は他のコロニーの出来事に無関心であることが多く、天使の落日でコロニー「エンジェル」がUEに破壊されても危機感を持つ住民はほとんどいなかった。

また、コロニー「ファーデーン」のように表向きは裕福なコロニーでも実際は貧富の差の激しいコロニーやコロニー「ミンスリー」のように地球の環境を再現しているコロニーも存在する。

本編より100年以上も前にはコロニーが増えすぎたせいで、コロニー間で地球の覇権を賭けた戦争「コロニー国家間戦争」があったとされる。

火星の衛星軌道上にヴェイガンの本拠地となるコロニー「セカンドムーン」が存在する。

そちらは割れた卵の殻のような構造物が中心部を囲んでおり、内部は石造りの中東のような町並みが広がり、火星圏から地球圏まで移動する事も可能である。

関連用語[編集]

コロニー落とし
コロニーを質量弾に見立て地球への直接攻撃に用いる行為。
コロニーレーザー
コロニーをレーザー照射装置に改造した大量破壊兵器。
プラント
コズミック・イラにおけるスペースコロニー及びコロニー群。
サイド
宇宙世紀において群立するコロニー群を指す。

余談[編集]

  • スペースコロニーの構想は架空のものではなく、1969年にアメリカのプリンストン大学教授であったジェラルド・オニール等が提唱したのが始まりである。
    • 1974年にニューヨーク・タイムズで紹介された事で注目され、日本では1979年に放映が開始された「機動戦士ガンダム」の舞台装置となったことで広く知られるようになる。
  • 現在では、費用対効果の面などから人口増加対策としては疑問符が付けられてしまっており、軌道エレベーターやテラフォーミングによる惑星移民の構想が主流となっている。
  • 先述の軌道エレベーター構想などの浸透度や元々超光速航法を有する航宙艦が一般的なテクノロジー水準であり他惑星植民の方が効率的な事が多い海外のSF作品でスペースコロニーを主題としているものはマイナーなものに留まるなど、日本のSF作品とは真逆の状況となっている。

リンク[編集]