宇宙革命軍

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇宙革命軍(Space Revolutionary Army)[編集]

機動新世紀ガンダムX」に登場する勢力。

クラウド9と呼ばれると正反対のラグランジュ・ポイントスペースコロニー群を拠点とする(余談ではあるが、「機動戦士ガンダム」のジオン公国と同じ地点である)。人口は1200万人程度。

組織の成り立ちは不明であるが、第1話の冒頭のナレーションでは「一つのスペースコロニーの独立運動から端を発した」と語っていることから、名前からも推察されるように様々なコロニー群の連合軍であったと思われる。

地球連邦軍との間で「第七次宇宙戦争」において、戦況は膠着状態となる。物量が不足する革命軍は自分に対し異を唱える他のコロニー国家を抹殺した後の複数のスペースコロニーを地球へと落下させる「コロニー落とし作戦」で旧地球連邦政府に無条件降伏を要求したが、連邦側が迎撃兵器としてサテライトキャノンを装備したガンダムXを配備し迎撃行為を行い要求を撥ねたため恫喝のつもりだったコロニー落としを強行して地球を「死の星同然の状態」にした。

第七次宇宙戦争後は地球との交流も途絶え自コロニーのみでの自給自足を強いられ、かつ再軍備や軍事施設再生も並行していた(抹殺したコロニー国家民の生き残りである「サテリコン」のテロ行為などへの対処も理由の一つ)為慢性的な経済破綻に陥るが、それでも独立に対する気持ちは変わらなかった。

現指導者はザイデル・ラッソ総統だが、地球との戦争は彼個人のエゴに過ぎず、彼の死を持って革命軍政府は地球との融和政策に切り替えた。

登場作品[編集]

機動新世紀ガンダムX

主な人物[編集]

ザイデル・ラッソ
原作における宇宙革命軍党首。極端な「ニュータイプ思想」の持ち主。
ランスロー・ダーウェル
宇宙革命軍大佐。軍における最高指揮官の一人。
ノモア・ロング
本名はドーラッド(博士)。第7次宇宙戦争時は軍の研究者であった。
ニコラ・ファファス
スパイであり、ティファを宇宙へと連れ去った張本人。地球との融和政策をザイデルに提案するが、陰謀により銃殺刑とされる。

関連用語[編集]

コロニー落とし

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]