ジャミル・ニート

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

ジャミル・ニート(Jamil Neate)[編集]

フリーデン艦長、元ニュータイプバルチャー。30歳。15年前の戦争で地球連邦軍のエースパイロットとしてガンダムXに搭乗していた。戦争が膠着状態に陥った際、自分の撃ったサテライトキャノンがコロニー落としのきっかけになってしまった事がトラウマになり、ニュータイプ能力を失ってしまった上にコクピット恐怖症になってしまう。

大きな顔の傷とサングラス、そしてもみあげが特徴的な男性。寡黙で冷静沈着、戦術眼に優れた「大人」としての立ち位置だが、物語が進むにつれガロード・ランの真っ直ぐなところに感化され、時として青臭い「青年」の姿も見せた。
フリーデンのクルーでは最年長のテクス・ファーゼンバーグに次ぐ年長組であり、艦長という立場上あまり素の自分を見せられないが、心に熱い情熱をしまい込んでいる。 ガロード・ランに対しては人生の先輩として振る舞い、彼が躊躇していれば背中を押してやり、弱気を吐けば厳しく叱咤するなど彼の成長に一役買っていた。

基本的にはバルチャーとしての活動を行っているが、世界各地に存在すると思われるニュータイプを保護することも個人的な目的としている。物語開始時に発見したティファを保護する為に行動を開始し、その後はティファの能力を借りて他のニュータイプの所在を探すことが序盤のストーリーラインとなった。作品中盤からはコクピット恐怖症を乗り越え、ガンダムXディバイダーに乗り込む。その腕は衰えておらず、初戦のベルティゴとの戦いではビットによるオールレンジ攻撃を完全に見切り、NT能力に頼らずにその軌道を読んでビットを次々と撃ち落して見せた。
艦長としても優秀であり、クルーはもちろん他のバルチャー達からの信頼も厚い。アルタネイティブ社を攻めた時には、ティファを取り戻すというジャミルの個人的な戦いだったにもかかわらず、3隻ものバルチャー艦が手勢を引き連れて参加。

Ζガンダム」におけるアムロシャアを足して割ったような立ち位置。

余談だが、彼のファミリーネームの綴りは「Neate」であり、「教育を受けておらず、労働をしておらず、職業訓練を受けていない」と定義される「NEET」ではない。

登場作品と役柄[編集]

機動新世紀ガンダムX
上記の通り。ガロード・ランを導く大人であり、ある意味でもう一人の主人公とも言える。

人間関係[編集]

ティファ・アディール
ニュータイプの仲間として、保護する。
ガロード・ラン
彼に感化され、コクピット恐怖症の克服の為のリハビリを始める。自分の少年時代をダブらせているようだが、回想場面で登場した15歳のジャミルの風貌は確かにガロードとよく似ている。
ルチル・リリアント
旧連邦時代の上官でニュータイプ。「Lシステム」に組み込まれてしまう。15年前の戦争を描いた漫画版では彼女を慕うような描写がされている。
キナ
15年前の戦友。ジャミルを守って戦死してしまった。
サラ・タイレル
副官的存在。彼女が自分に思いを寄せている事に気づいているかは不明。
トニヤ・マーム
シンゴ・モリ
ウィッツ・スー
ロアビィ・ロイ
テクス・ファーゼンバーグ
キッド・サルサミル
エニル・エル
ランスロー・ダーウェル
15年前の戦争でライバル関係だった。但し直接の面識は無く、初対面を果たしたのはD.O.M.E.内部。
フィクス・ブラッドマン
ザイデル・ラッソ
D.O.M.E.の正体を知ってもなおニュータイプを利用しようという考え方を止めない彼らに怒りをぶつけた。
アイムザット・カートラル
フロスト兄弟

名台詞[編集]

「月は出ているか?」
第1話タイトル。作品を象徴するセリフである。
「作戦は一刻を争う」
第4話タイトル。ティファ救出作戦に際して。
「銃爪(ひきがね)はお前が引け」
第5話タイトル。MA・グランディーネを倒すため、ガロードにサテライトキャノンを撃たせたときの台詞。
「こんな物はもう要らないんだ!」
政府再建委員会の大軍を退けた後、役目を終えたGXビットを次々と破壊しながら。
この作品のテーマを考えると、重いセリフである。
「飛べ、ガロード!」
第31話タイトル。宇宙へあがるガロードを支援したときの台詞。
「フリーデン発進せよ!」
第37話タイトル。

搭乗機体・関連機体[編集]

フリーデン
キャプテンを務める。
ガンダムX
ガンダムXディバイダー
ドートレス

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]