ロアビィ・ロイ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロアビィ・ロイ(Roybea Loy)[編集]

フリーのMS乗り。後にフリーデンと専属契約を結んでいる。18歳。ウィッツとコンビを組む。乗機は火器満載の重MSガンダムレオパルドガンダムレオパルドデストロイ

優男っぽい外見通りのクールで軽いナンパな性格だが、アフターケアと称して、かつて口説いた女性たちの所に(わざわざ相手によってキャラを変えて)バラの花を配って回るマメな一面も。ギャンブル好きで、乗機のガンダムレオパルドも、ある女性から賭けに勝って譲ってもらったもの。唯一の帰る場所であり「本命」と考えていたその女性を失っており、フリーデンでの契約後はそこに自分の居場所を見つけるようになる。私費を投じてフリーデン艦内に娯楽のための共用部屋を作ったりもしている。

いざ戦闘になると頼りになる男であり、敵に突撃して自機と引き換えに敵MSを大破させるなど、熱い一面も見せる。

登場作品と役柄[編集]

機動新世紀ガンダムX

人間関係[編集]

ウィッツ・スー
同僚。
ガロード・ラン
ジャミル・ニート
雇い主。
サラ・タイレル
口説いていたが、結局彼女はジャミルの元へ。
エニル・エル
最終回でなぜか二人でウィッツの元を訪れた。
キッド・サルサミル

名台詞[編集]

「天国なんてあるのかな」
第15話タイトル。かつてレオパルドを譲り受けた女性がすでに亡くなっていた事を知って。

搭乗機体・関連機体[編集]

ガンダムレオパルド
ガンダムレオパルドデストロイ

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]