ベルティゴ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルティゴ
外国語表記 Bertigo
登場作品 機動新世紀ガンダムX
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用モビルスーツ
型式番号 RMSN-008
頭頂高 18.5m
重量 7.2t
開発組織 宇宙革命軍
所属 宇宙革命軍フォートセバーン市の自警団 ⇒ フリーデンII
主なパイロット カリス・ノーティラス
ランスロー・ダーウェル
ジャミル・ニート
テンプレートを表示

概要[編集]

第7次宇宙戦争時に宇宙革命軍が開発したニュータイプ専用モビルスーツ

フラッシュシステムにより脳波コントロールされるビットを装備しており、ビット使用時は頭部のモノアイが消灯し、胸部のモノアイが点灯する。パトゥーリアの護衛の為に用意された機体でもあったが、作戦前に全機破壊されたため実際にそのように使用されることはなかった。X劇中に登場する本機は、整備用の予備パーツから組み上げられた機体である。

単機での基本性能自体もニュータイプ専用機として開発された為優秀な部類であり戦後開発のドートレス・ネオと互角以上に戦闘可能なレベル。

登場作品と操縦者[編集]

機動新世紀ガンダムX
第10話で初登場。ガロードが初めて相対する敵のニュータイプ機として登場し、圧倒的な強さを誇った。第13話でガロードに敗れ、パイロットであるカリスがパトゥーリアに搭載された第14話ではジャミルティファと共に一時的に搭乗しカリス救出に尽力した。その後、第35話でカリスと共にフリーデンIIへ合流し、最終決戦を最後まで戦い抜いた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

フラッシュシステム
本機ではビットの制御に用いられている。

武装・必殺攻撃[編集]

マシンキャノン
襟部に左右一対2基内蔵されている。ガンダムタイプの固定機銃系武装と同じ様に多目的に用いられる。
内蔵ビームライフル
両腕部の突端部に一基ずつ内蔵されている。火器としての機能は標準的な物。
ビームサーベル
両腕部の手部の後方に左右一つずつ格納されている。使用時は射出され手の内に収まる。
ビット
フラッシュシステムにより制御されるオールレンジ攻撃端末。腕部コンテナに左右6基ずつ計12基搭載している。重力下でも問題なく使用可能である。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

パトゥーリア
護衛対象。
フェブラル
宇宙革命軍が開発した他のニュータイプ専用機。
ガンダムヌーヴェル
本機に次ぐカリスの搭乗機。本機やラスヴェートを系統に持つようなデザインに仕上がっており、搭載されているAIドローンビットによるビット攻撃が可能。
エルメス
本機のモチーフ元。ビット搭載機という共通点以外にも型式番号に類似点が見られる。
キュベレイ
上記エルメスのMS化をコンセプトに開発された機体。ビット搭載MSである事や白基調の機体色など、どちらかと言えばこちらの方が近い。

商品情報[編集]

リンク[編集]