パトゥーリア

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
パトゥーリア
外国語表記 PATULIA
登場作品 機動新世紀ガンダムX
デザイン 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用モビルアーマー
型式番号 MAN-03
全長 617m
全高 105m
全備重量 38,800t
開発組織 宇宙革命軍
所有者 ノモア・ロング
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

第7次宇宙戦争時に投入されたニュータイプ用大型モビルアーマー。「ライラック作戦」と呼ばれる地球降下・制圧作戦の切り札であったが、大気圏突入時の戦闘で損傷して不時着。しかし作戦に参加していた宇宙革命軍士官ドーラット博士は、作戦の実行を諦めきれず、フォートセバーン市を築いて、そこの市長「ノモア・ロング」になり、その影で損傷したパトゥーリアを密かに市長庁舎の地下に造られた作業スペースに運び込み、補修作業を進めていた。

機体の制御システムにニュータイプを生体ユニットとして組み込む"サイコミュ・ダクト"を使用することでサイコミュを作動させ、二人の乗組員が操縦する。その外見はMSの胴体状の艦橋が生えた巡航艇で、艦首を左右に開いて攻撃形態に変形。多数の有線ビームで攻め立てる。フィールドジェネレーター・荷粒子砲のエネルギー供給用の粒子加速装置をMSで言う所の肩部に設置している。

登場作品と操縦者[編集]

機動新世紀ガンダムX
第14話で登場。人工ニュータイプカリス・ノーティラスを無理矢理生体ユニットとして搭載し、戦争の妄執と復讐の念に取り付かれた元宇宙革命軍のメンバーであった市長ノモア・ロングの手により、フォートセバーン市地下の秘密工房より出撃。その強大な火力により迎撃に出た自警団のMSを一蹴し、駆けつけたガロードら、フリーデンのメンバーをも圧倒。周囲に無差別の破壊を撒き散らすが、テイファの呼びかけに応じたカリスがシステムに反抗、一時的な機能不全に陥ったところにガロードの駆るガンダムXディバイダーが突入し、操作室を破壊した上でカリスの救出に成功したため、敗北を知ったノモアは自決、制御ユニットを失ったパトゥーリアも沈黙する。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

フィールドジェネレーター
巨体を飛行させる為とビームを無効化する力場を発生させる装置。肩部にメインのものが有るが他にも船体各所に装備されている。フィールドの防御描写は漫画版のみ。
サイコミュ・ダクト
ニュータイプまたは人工ニュータイプを生体部品とするためのカプセル。これにより機体の制御およびサイコミュ兵器の運用が可能となる。

武装・必殺攻撃[編集]

荷粒子砲
機体各所に内蔵された大型砲で、艦橋胴体部には四つ装備されている。劇中では発射されていない。ゲーム作品によって描写は様々である。
有線ビーム砲
NT能力によって制御される30基の有線ビーム砲。

対決・名場面[編集]

ガンダムXディバイダー

関連機体[編集]

ブラウ・ブロ
型式番号が被っており、ニュータイプ専用機という共通点がある。

商品情報[編集]

リンク[編集]