ガンダムXディバイダー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムXディバイダー
外国語表記 Gundam X Divider
登場作品 機動新世紀ガンダムX
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 ディバイダー装備型モビルスーツ
型式番号 GX-9900-DV
頭頂高 17.1m
本体重量 7.7t
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
原型機 ガンダムX (1号機)
改修 フリーデンのメカニックチーム
所属 バルチャー
母艦 フリーデン
主なパイロット ガロード・ランジャミル・ニート
テンプレートを表示

概要[編集]

カリス・ノーティラスベルティゴのビット攻撃を受け、リフレクター、サテライトキャノン、シールドバスターライフルが破壊されたガンダムXの復旧に際して、メカニックのキッド・サルサミルが、自身の持っていた「すげぇ良いパーツ(キッド談)」を活かした改修プランで改造したガンダムX。元々は換装装備として考案していた為、一部ゲーム作品ではサテライトキャノン装備型との換装が行える。

機体自体の大きな改造点は

  • サテライトキャノン・シールドバスターライフルの全損に拠る廃止。
  • キャノンの砲尾に収められていたビームソードはバックパック上部にスラスター兼用のホルダーを増設し、それまで1本装備だったものを2本装備に変更。
  • エネルギー貯蓄機能のあったリフレクターが破壊されたので、エネルギーポッド2基をバックパック下部のコネクタに左右一基ずつ増設。

の3点で、これに加え大型の試作シールドのパーツに多機能兵装を詰め込んだ「ディバイダー」やビームマシンガンを装備した。GXはリフレクター展開時のシルエットがX形になっていたが、この機体はサーベルホルダーとエネルギーポッドによりX形のシルエットを持ち、ディバイダーにもXを思わせる意匠がある。

サテライトキャノンは決戦兵器にふさわしい破壊力を持つが、戦後は月面のマイクロウェーブ送信施設は残っていたものの中継衛星が全て破壊されてしまった為、月が見えていなければ使用不可能であり、またバルチャー稼業レベルでの戦闘運用においては威力が大き過ぎ、使用に相応する様な砲撃目標も基本存在しない為デッドウェイトになってしまうという弱点が存在した。そのため、改修前のサテライトキャノン装備時に比べ最大火力こそ譲るものの、扱い易い武装で構成され、機動力も向上した、バランスの良い汎用運用に適した機体となっている。

基本的には本来のGXのままであり、フラッシュシステムも残されている(ローレライの海でGXビットを稼働させる為に使用された)。また、改修当初はコクピットも以前のままである為、起動にはGコンが必要だった。後にガロードダブルエックスを奪取、そちらを乗機とする事となるが、そちらでGコンを必要とする事もあり、本機のコクピットは通常の連邦系MS仕様の物に変更される。

元々は専用正規オプションではない装備を用いているにも関わらず、それを一切感じさせない性能を発揮したのは、本機の本来の素性の良さと改修を行ったキッド・サルサミル達メカニックの技術力の高さを物語っている。

一部のゲームや模型ではリアスカートにビームマシンガンやバズーカをマウント出来る設定になっているが、原作ではそのような設定は無い。

登場作品と操縦者[編集]

機動新世紀ガンダムX
第11話から登場。初出撃時にこれまで苦戦していたフロスト兄弟を軽々と撃退し、続くベルティゴ戦においても成長したガロードの技量によって勝負を制している。一時的にジャミルが搭乗する事もあったが、ガロードがダブルエックスに乗ってからは彼の専用機となっている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
サテライトキャノン仕様に換装可能。ただし、これは一部ゲーム作品での設定であり、原作ではリフレクター等のパーツを復元していない事も有って換装不可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ブレストバルカン
胸部に4門内蔵。GXの物と同じ。
大型ビームソード
先述の通りバックパックに2本搭載。GXと同じ物だが2本目は予備品だったのか、キッドが同設計で複製したものかは不明。
ビームマシンガン
旧連邦の戦艦用2連装メガ粒子砲を、MS携行火器に改造した物。単射モードとマシンガンモードの切り替え(上下の交互・同時発砲描写や発射サイクルから確認出来る)が可能。
ディバイダー
キッドがジャンクパーツから組み上げた試作型の展開式実体盾の基本フレームに様々なパーツを組み込んだ多機能兵装。手持ち盾として防御用に使うことも多いが、縦長の盾が縦に割れ中央部が展開すると、その断面から旧革命軍が戦闘車両に装備していた三連六基の対MS用19連装ビーム砲(元の部品の俗称に倣いハモニカ砲と呼ばれる)が出現し、多彩な発射モードで絶大な破壊力を発揮する。更に両サイドにMA用の大口径スラスターを搭載(接続基部で回転する事で噴射角を変更可能)しており、手持ちならば推進補助システムに、バックパックに装着すれば長時間高出力のホバリング用に使えるなど、この機体の運用上の要である。本編では推進機能が故障したDXに渡した事が有り、ガンダムウォーのカードでは本編で使用していないハモニカ砲での攻撃を追加している。
ハイパーバズーカ
元は旧連邦で使用されていたバズーカと思われる。『X』第17話では水中では役に立たないビームマシンガンの代わりとしてオルクのマーカス・ガイとの初戦時に使用。先に述べた通り水中用の改造が施され魚雷型砲弾が砲身とマガジン内に9発(砲身内5発マガジン内4発)装填されている。また一部ゲーム作品ではアレンジとしてこのバズーカを通常仕様のバズーカとして一般的なMS用バズーカと同じ扱いで使用させている場合があり、それらが発表されて以後に出来たHGAWプラモでは多種多様な弾種を使用出来るという後付設定が為されている。
Xグレネーダー
左腰サイドスカートに専用のマウントラッチを装着して2基装備するMS用手榴弾。劇中では同デザインの手榴弾をパイロンが使用した他、ゲーム作品「リアルロボッツファイナルアタック」では原作通り本機GXDVが装備していた他、「Another Century Episord 3」にて素のGXが本装備と思しき手榴弾を使用(ただし弾数は5発に増えている)している。

対決・名場面[編集]

ベルティゴ
『X』第13話より。ジャミルが搭乗した初戦ではNT能力に頼らない純粋な技量によりビットを易々と全基撃墜し、ベルティゴはカリスの発作発生で撤退した。後にカリスが単独でフリーデンに赴いた際にはガロードが搭乗し決闘の形で再戦。最初はビットの多方位攻撃に苦戦するもののコツを掴んだガロードも全基撃墜に成功し、サーベル戦に移行して最後はベルティゴの左腕を斬り落とし勝利する。

関連機体[編集]

ガンダムX
改修前のベース機体。
ガンダムX (3号機)
本機をガンダムXと同じ仕様に戻した機体。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]