ドートレス・ネオ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

NRX-018-2 ドートレス・ネオ(Daughtress Neo)[編集]

概要[編集]

ドートレス直系の後継機として開発された機体。ガンダムヴァサーゴのデータがフィードバックされており、両前腕部にビームライフルとビームカッターの機能を持つ、ワイヤード・ビームライフルが装備されている。また、大気圏内を独力で飛行可能で新地球連邦軍の集大成量産MSとも言える機体になっている。量産化の最終テスト段階状態であったため、実戦配備はフロスト兄弟の親衛隊にのみに行われていた。

登場作品と操縦者[編集]

機動新世紀ガンダムX

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ワイヤード・ビームライフル
両前腕部に籠手状に装備された物でビームカッターとビームライフルの機能を持つ。初見の相手には何も持っていないかの様に欺く事ができる。調整が済んでいない機体がほとんどでそれ等の機体は後述の通常仕様ビームライフルとビームサーベルを装備している。
ビームライフル
ワイヤード・ビームライフルの調整が済んでいない機体が装備している。バリエントのビームライフルと同型で、色違い。
ビームサーベル
同じく調整の済んでいない機体が装備している。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ドートレス
前世代機。
ガンダムヴァサーゴ
データが利用されている。


リンク[編集]