ラスヴェート

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラスヴェート
外国語表記 Rasveht
登場作品 機動新世紀ガンダムX
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 NRX-016
頭頂高 17.8m
重量 8.1t
開発組織 新地球連邦軍 (ニュータイプ研究所)
所属 新地球連邦軍(ニュータイプ研究所からの出向)
主なパイロット アベル・バウアー
テンプレートを表示

概要[編集]

新地球連邦軍(正確にはニュータイプ研究所)が開発したニュータイプ専用試作型モビルスーツ。戦後では初めて開発されたニュータイプ専用機である。機体名称はロシア語で「夜明け」を意味する。

頭部はアンテナが無いが顔はガンダムタイプと同じようなツインアイと特徴的なマスクの構成となっている。機動性に優れた機体であり、単独で重力下での飛行を可能としている。武装はオーソドックスかつシンプルな物しか装備していないが、本機最大の特徴はフラッシュシステムによるビットモビルスーツを運用する前提で開発されていることにある。ビットモビルスーツは本体である本機と全く同じ外見と装備であり、見た目で区別する事ができない。そのため敵機を撹乱・翻弄することが可能である。

登場作品と操縦者[編集]

機動新世紀ガンダムX
第29話で登場。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

フラッシュシステム
ニュータイプ専用のシステム。ビットモビルスーツの管制に使用されている。ガンダムは12機まで管制可能であるが本機は実験機で有る為なのか劇中で管制した子機は6機までしかいなかった。

武装・必殺攻撃[編集]

ビームライフル
本機専用デザインのライフル。
ビームサーベル
白兵戦用のビーム武装。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ラスヴェートβ
漫画版『X』にて登場したカリス・ノーティラス専用機。
ガンダムヌーヴェル
カリス専用に開発された本機の発展系。
コルレルガブルブリトヴァガンダムヴァサーゴガンダムアシュタロン
同期の新連邦の実験試作機群。
ガンダムレオパルドガンダムエアマスターガンダムX
フラッシュシステムを搭載しビットモビルスーツを運用していた旧連邦時代の先行開発機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]