ガブル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

NRX-010 ガブル(Gable)[編集]

新地球連邦軍コルレル同様の「技術検証機」として試作開発した重量級モビルスーツ。その巨体とは裏腹に火器やスラスターの類は装備されておらず、重量と硬い機体構造、そしてそれを動かす為の高い機体出力を活かした格闘で相手を痛めつける戦法を取る。一見鈍重な様に見えるが格闘を主戦術にする為かそれに必要なだけの敏捷性はそれなりに有している。非常に硬い装甲で覆われているため実弾兵器はほぼ通用せず、ビーム兵器も両肩に搭載した大型のフィールドジェネレーターにより完全に無力化する。フリーデン所属のガンダムですら例外ではない。

登場作品と操縦者[編集]

機動新世紀ガンダムX
パイロットはミルラ・ドライド
ウイリス・アラミスを連れてエスタルドから脱出しようとするフリーデンの前に現れ、ガロード達を苦戦させる。しかし、援護に現れたガンダムレオパルドの至近距離からの一斉攻撃でジェネレーターと装甲がボロボロとなり、最後はレオパルド以外の機体のビーム兵器の一斉射撃で破壊された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

フィールドジェネレーター
ビームを無効化する力場を発生させる装置。反射、漸減どちらの用途でもビームに対する防御力を発揮可能。

武装・必殺攻撃[編集]

格闘
伸縮する腕部や拳を変形させたナックル形態による殴打、踏みつけ等といった攻撃を行う。

対決・名場面[編集]

ガンダムレオパルド
「思想がかったのは嫌い」としてフリーデンを降りたロアビィ。身を寄せていたユリナの死に激昂し、フリーデンに戻って本機と対峙した。
ガブルはレオパルドの主武器であるインナーアームガトリングを無力化し、取っ組み合いのパワー勝負でレオパルドの両手を握り潰したが至近距離から全主武装を撃ち込まれ、致命的なダメージを受けた。

関連機体[編集]

コルレル
ブリトヴァ
ラスヴェート

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]