コルレル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

NRX-007 コルレル(Correl)[編集]

新連邦軍参謀本部が開発した、機体を徹底的に軽量化し、運動性を極限まで高めた試作型(ただし一般的な「量産機の雛形」としての試作機ではなく新連邦のMS開発の技術力を検証する為の「技術検証機」である)モビルスーツ。その運動性・機動性は、ガンダムダブルエックスが構えたライフルの上に飛び乗ったり、ヘッドバルカンを易々と避わす等、MSとは思えない機動すらも軽々とこなすほどに際立っている。反面、その代償として装甲も含めた機体強度は脆弱な上に、機体の余剰出力も低く、スラスターもあくまで機体の高機動性を支える事に特化したもので、武装もビームナイフ一本のみ。そのため、スピードで敵を幻惑し、一撃離脱中心の白兵格闘によって敵機のコックピットなどの弱点をビームナイフで狙う戦法を取る。

当初のカラーリングはグレーと赤と青(正確なカラーリング設定は未発表)だったが、パイロットのデマーの主張によって真っ白に塗り替えられている。なおそのリペイント作業はデマー本人が行っている。

登場作品と操縦者[編集]

機動新世紀ガンダムX
パイロットはデマー・グライフ。エスタルド公国での戦いにおいて、ガンダムダブルエックス撃墜のために投入される。

武装・必殺攻撃[編集]

ビームナイフ
この機体の唯一の武装。

対決・名場面[編集]

ガンダムダブルエックス
圧倒的な運動性と、それを充分に活かし、身を隠すのにも適した市街の廃墟という最適なフィールドにヴァサーゴによってDXは誘い込まれ、本機は不意打ちを仕掛けDXを翻弄。一方的に戦いを進めるが、ガロードの機転により防御に用いられたDX専用バスターライフルの爆発に吹き飛ばされ、動きを止められたところにDXの全固定火器の一斉射を受け、本機は破壊された。

関連機体[編集]

ブリトヴァ
ガブル
ラスヴェート

余談[編集]

この機体はエヴァンゲリオンを連想させる痩身のデザインかつ携行装備がナイフだった事から、放送当時に盗作疑惑が浮上した。
実際にデザインのモチーフ(及び監督からの発注そのもの)となっているのは漫画『あしたのジョー』の登場人物・力石徹であり、またデザイナーの石垣純哉氏は「オーダーをそのまま再現するとエヴァンゲリオンそのものになってしまう為、似せない様に苦労した」と述べている。

リンク[編集]