キュベレイ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
キュベレイ
外国語表記 Qubeley
登場作品
デザイナー 永野護
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号
  • AMX-004
  • MMS-003 (当初の設定)
頭頂高 18.4m
全高 18.9m
本体重量 35.2t
全備重量 57.2t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,820kW
スラスター総推力 61,600kg
姿勢制御バーニア数 12基
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 10,900m
開発組織 アクシズ (ネオ・ジオン)
所属 アクシズ (ネオ・ジオン)
主なパイロット ハマーン・カーン
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

アクシズの開発したニュータイプモビルスーツ。名称の由来は大地母神キュベレー。

ジオン軍のNT専用モビルアーマーエルメスの小型化・MS化を目指して設計[1]されており、特にサイコミュシステム一年戦争時に小型化に難航し、MAクラスの機動兵器にしか搭載できなかったが、アクシズで研究が進められた結果、MSへ搭載可能なサイズに小型化されている。主兵装のファンネルもエルメスのビットエネルギーCAP技術の導入や内部機構の見直しによってダウンサイジングした物である。ファンネルの操作補助を目的に後頭部やマニピュレータには感応波の送受信端末も内蔵されている[2]

その性質上、高いニュータイプ能力を持つパイロットの搭乗によってその性能を発揮できるが、開発当初のアクシズでは純粋なニュータイプはハマーン・カーンただ一人だった為、実質的に彼女の専用機として扱われている。

特徴的な肩部ショルダーバインダーは機体の機動力を支えるフレキシブルスラスターバインダーとして機能し、計12基のスラスターを内蔵。脚部はコ・ジェネレーターとプロペラントを独立して搭載しており、下半身そのものが巨大なリザーブタンクとしても機能する[3]

本機で確立されたシステムはこれ以降開発されるニュータイプ専用機に大きな性能を与えており、キュベレイ自体もキュベレイMk-II量産型キュベレイといったバリエーションが開発されている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士Ζガンダム
機動戦士ガンダムΖΖ

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

サイコフィールド
サイコミュとハマーンの高いニュータイプ能力によって引き起こされたエネルギーフィールド。ハイ・メガ・キャノンを防ぎきっている。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

ビーム・サーベル
両腕の袖口に計2基格納されている。収納状態ではビーム・ガンとして使用可能。主武装はファンネルのため使用頻度は低い。
ビーム・ガン
ビーム・サーベルは腕に格納した状態ではビームガンとして使用可能。腕部の可動域がそのまま射界となる為、柔軟な射撃が可能。主に牽制などで使用される。
大型ビーム・サーベル
左右の肩部バインダーに格納されている。TV版最終話(劇場版3作目)で百式相手に一度だけ使用している。
ファンネル
背部のファンネル・コンテナ内に10基(あるいはそれ以上)内蔵されているキュベレイのメインウェポン。サイコミュによって制御され、これを展開したオールレンジ攻撃がキュベレイの主な攻撃手段となる。
小型化の結果ジェネレーターを搭載しておらず、稼働時間に制限がありファンネル・コンテナに収納する事で充電と推進剤の補給を行う必要がある。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

百式
ジ・O
Ζガンダム
ΖΖガンダム

関連機体[編集 | ソースを編集]

系列機・派生機[編集 | ソースを編集]

プロトタイプ・キュベレイ
試作機。
キュベレイMk-II
キュベレイのマイナーチェンジ版。
量産型キュベレイ
キュベレイの量産型。

技術的関与のある機体[編集 | ソースを編集]

クィン・マンサ
本機の高性能化を目指して開発された。

関連する機体[編集 | ソースを編集]

エルメス
本機はこの機体の流れを汲んでいる。
G-3
この機体もエルメスの後継機として開発された。
ディマーテル
本機と似た外見の機体。

その他[編集 | ソースを編集]

ガザ・レイ / ゴージャス・ガンダム
宇宙戦国時代のミキシングビルドモビルスーツ。前者は本機とガザCを合わせた機体、後者はこの機体の肩部に本機の脚部が使用されている。
キュベレイパピヨン
ガンダムビルドファイターズ』に登場する、本機をベースにしたガンプラ。
キュベレイダムド
ビルドダイバーズ GBWC』に登場する、本機をベースにしたガンプラ。巨大なマニピュレータが特徴。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガンプラ[編集 | ソースを編集]

フィギュア[編集 | ソースを編集]

その他[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. エルメスの構造をボディユニットに集約・再構成しており、装甲部には「LMES2」の開発コードも刻印されている。
  2. ファンネル使用時に対象を指差す動作を行うのも、このためであると言われている。
  3. これは逆に上半身にも当てはまり、上下構造が双方のフェイルセイフを賄っている。