クィン・マンサ

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

NZ-000 クィン・マンサ(Quin-Mantha)[編集]

概要[編集]

ネオ・ジオン軍が開発した超大型モビルスーツニュータイプ専用機としてサイコガンダムMk-IIネオ・ジオン軍で開発された全てのモビルスーツのノウハウが生かされている。ジオンのマークが入った背中のコンテナにはキュベレイの3倍の量のファンネルが搭載可能なほか、機体の各所にメガ粒子砲が多数搭載されている。また、両肩のバインダーにはメガ粒子偏向器(Iフィールド・ジェネレーター)が搭載されている上、装甲自体も強固であり、攻守共に隙のない機体となっている。さらに大型スラスターを搭載したおかげで機動力も高い。コクピットは頭部にあり、緊急時には本体から分離して単独行動をとることも可能。ただし高性能ゆえにパイロットを選ぶ機体である。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムΖΖ
ネオ・ジオン軍の内紛にてプルツーが搭乗し、ラビアンローズを撃沈するなど多大な戦果を挙げている。さらにガンダム・チームを危機に陥れたが、アクシズ内での戦闘でジュドー・アーシタフルアーマーΖΖガンダムからのミサイルの一斉射を受け、さらにプルツーがジュドーの説得で機体から離れてしまい、直後にルー・ルカΖガンダムからコクピットを狙撃されて撃破された。
機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク
グレミー派残党が撃破されたクィン・マンサの残骸を回収し補修を加えた。機体の色が赤くなっており、マルコシアス隊のエンブレムがペイントされている。アンネローゼ・ローゼンハインが搭乗しているが、彼女自身のNT能力がプルツーよりも劣っているため、ファンネルの最大展開数や機体稼働時間にリミッターがかけられている。そのためプルツー搭乗時よりも戦闘力は低下している。トラヴィスのΖII、ヴィンセントのギラ・ドーガ、クロエのトーリスリッターを襲撃し、トーリスリッターと相打ちになる(パイロットは生還)。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

メガ粒子偏向器
両肩のバインダー内に内臓されている。Iフィールドを利用することでメガ粒子砲の収束・拡散を行う。

武装・必殺攻撃[編集]

メガ粒子砲
腕部、胸部、背部のファンネルコンテナにそれぞれ2門ずつ装備。胸部の物はメガ粒子偏向器によって拡散や集束が可能となっている。
3連装メガ粒子砲
頭部に内蔵。
ビーム・サーベル
両肩のバインダーに2基マウントされている。本機に合わせて開発されたため大型で高出力である。
ファンネル
キュベレイと同じ型の物を後部のコンテナに30基搭載している。

関連機体[編集]

クシャトリヤ
後継機。コクピットブロックにサイコフレームを使ったことで、クィン・マンサの高性能を損ねることなく機体サイズを20m台に小型化することに成功した。
クィン・マンサ・セプテット
本機の強化を目的とした機体。『ガンダムトライエイジ』オリジナルの機体。
キュベレイ
肩部バインダーやファンネルの技術が利用されている。
サイコガンダムMk-II
この機体を含めたネオ・ジオンの機体全てのノウハウが本機に使用されている。

商品情報[編集]

リンク[編集]