2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダムMk-V

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ORX-013 ガンダムMK-Ⅴ(Gundam Mk-V)[編集]

概要[編集]

地球連邦のオーガスタ研究所で開発されたガンダムタイプモビルスーツ。通称及び開発コードは「G-Ⅴ」(ジーファイブ)。

「RX-78 ガンダム」進化した「ガンダムMk-II」や「ガンダムMk-III」とは全く別系統の機体であり、開発参考になったのはジオングから発展したサイコガンダムである。その参考部分としてニュータイプ能力を必要としない準サイコミュシステムであるオールレンジ攻撃対応型武器「インコム」が上げられる。自機と母機を有線制御し、射角を中継機を通して相手の死角を突くという武器。また機体も戦闘用に特化しており、背部バックパックに装備されたビーム・サーベル兼ビーム・カノンとインコム、高出力ジェンレータから引き出される大型スラスターによる爆発的推力を得ている。ムーバブルフレームは更に昇華され、腕部と脚部に内蔵兵装を搭載してないことで、俊敏な運動性能を発揮。

ジオングの開発目的である「モビルスーツの運動性能と非ニュータイプが操作するオールレンジ攻撃」の双方を達成したといっていい機体であり、後にネオ・ジオンで開発された同傾向の機体ハンマ・ハンマのプランを、このガンダムMk-Ⅴのプランに変更し、開発されたのがドーベン・ウルフである。

試作機として3機がロールアウト。その内実戦投入された1機が地球連邦軍のエイノー艦隊に配備されたのをニューディサイズの手に渡り、ブレイブ・コッドがパイロットを務めた。残り1機がネオ・ジオンに研究資料として引き渡された。開発当初よりティターンズ(ニューディサイズ)・ネオ・ジオン・アナハイム・エレクトロニクス社に噂されるほど注目されたモビルスーツである。

登場作品[編集]

ガンダム・センチネル
ニューディサイズに協力した地球連邦軍のエイノー艦隊に配備された機体を、G-Ⅴに興味を抱いていたブレイブ・コッドがパイロットを務めた。圧倒的性能とコッドの腕前もあり、α任務部隊のネロ9機、更にFAZZ3機を瞬時に撃退。連日の戦闘で物量のないニューディサイズの主戦力となったが、やがてインコム・システムが不調となり、代わりに仮設のマイクロ・ミサイルランチャーを搭載した。Ex-Sガンダムとの戦闘では終始圧倒するも、止めを差す瞬間に人工知能「ALICE」が稼動し、反応速度の差でビーム・サーベルで胴体を切り裂かれて撃墜された。

武装[編集]

ビーム・ライフル
本機専用とニューディサイズ側で製作されたものが存在する。出力も高い。
ビーム・サーベル / ビーム・カノン
背部バックパックに装備された武装で、背部装備時はビームカノンとして機能する。出力は12.0MW。当時同様の兵装を装備していたΖΖガンダムより出力(10.0MW)が上。
インコム
背部バックパックに2基装備された有線式ビーム砲。自機と母機を有線制御し、射角を中継機を通して相手の死角を突く誘導兵器。非サイコミュ兵器で、通常のパイロットでも運用可能。しかし、サイコミュ制御された誘導兵器に比べれば正確な攻撃ができない。また、インコム射出時に機体制御も著しく損うことでこの兵装の実用度は然程なく、腕前のいいパイロットからすれば、ただの補助武装でしかない。
マイクロ・ミサイルランチャー
ニューディサイズが連戦で不調を来たしたインコムの代わりに取り付けた武装。2基の四角状コンテナからミサイルを数十発発射する。発射後に炸裂し、散弾で攻撃する。
シールド
ブースターが内蔵された大型シールド。防御能力は高い。コッドは近接戦闘のプロであることからほとんど使用しなかった。

関連機体[編集]

サイコガンダム
開発のベースとされた機体だが、開発機関は別。技術の継承はジオングから。
ガンダムMk-IV
インコム・システムの実験機として開発された機体。しかし、実際開発されたどうかは不明。『SDガンダム Gジェネレーション』オリジナルモビルスーツ。
ガンダムMk-V S
形式番号「ORX-13S」。プロペラント・タンク搭載型で、若干改修を受けている。『漫画兵器サイバーコミックス』で登場したオリジナルモビルスーツ。
ドーベン・ウルフ
ネオ・ジオンに引き渡された「G-Ⅴ」をベースに、サイコガンダムMk-IIの武装要素も取り入れた機体。インコム・システムも同様のものを搭載している。火力と運動性能両面で優れているものの、G-Ⅴに比べると運動性能のみ下回っている。
シルヴァ・バレト
ドーベン・ウルフをベースに、オリジナルの「G-Ⅴ」を開発したオーガスタ研究所が改修した機体。ドーベン・ウルフの問題である過剰な武装を外し、本来のオリジナル仕様に戻して発展昇華したモビルスーツ。
G-ドアーズ
本機と同じくサイコガンダムから発展し小型化されたモビルスーツ。本機とは対照的にニュータイプ専用機である。

リンク[編集]