サイコガンダムMk-II

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MRX-010 サイコガンダムMk-II(Psycho Gundam Mk-II)[編集]

概要[編集]

ムラサメニュータイプ研究所でサイコガンダムと並行して開発されていたティターンズのモビルアーマー。MA形態はより重装備になり、モビルフォートレス(機動要塞)とも呼ばれる。

火力が更に強化され、有線サイコミュ式ビーム・ソードやリフレクター・ビットといった、サイコミュシステムを利用した遠隔操作が可能な兵器も装備された。

サイコガンダムのパイロットだったフォウ・ムラサメ少尉が戦死したことで、強化人間の被験者がいなくなったムラサメ研究所から、ロザミア・バダムを有するオーガスタ研究所に譲渡された。ロザミアが戦死したことで、廃棄されていたが、アクシズ/ネオ・ジオン軍が回収。グレミー・トトに引き渡されてプルツーが搭乗した。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Ζガンダム
MS形態のみの登場。パイロットはロザミア・バダム
機動戦士ガンダムΖΖ
MS、MA両形態共に登場する。パイロットはプルツー
機動戦士ガンダム U.C.0094 アクロス・ザ・スカイ
ナイトロシステムを積んだ機体が登場。ガンダムデルタカイのハイ・メガ・キャノンによって撃破されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルスーツ形態へ変形する。
Iフィールド
ビームを無効化する。
分離
頭部を分離し、脱出ポッドになる。
n_i_t_r_o(ナイトロ)
『アクロス・ザ・スカイ』に登場した機体が搭載していたサイコミュシステム。ニュータイプ素養が低いパイロットでもニュータイプと同等の空間認識能力を得ることができ、サイコミュを使用することができるようになる。だが、これはシステムが稼働する度に搭乗者の脳内を強制的に書き換えているということである。ニュータイプへの覚醒を促すこともできるが、この影響で搭乗後のパイロットは言葉遣いや性格がかなり攻撃的なそれへと豹変してしまう。本機に搭載されている物は初期型でありパイロットが廃人になる欠陥がある。


武装・必殺攻撃[編集]

サイコミュ式ビーム・ソード/ビーム砲
腕部に内蔵されたビーム・ソードをワイヤーで飛ばす。原作ではワイヤー機能によるソードは使わなかった。主にソードとして使用。ワイヤー機能はΖΖガンダムを捕まえる際に使用。
メガ拡散ビーム砲
胸部に3門装備。
小型メガ・ビーム砲
頭部に装備。
メガ・ビーム砲
マニピュレーター部の10基に加え、全身に20基装備された。後述のリフレクタービットとの併用で威力を発揮する。
リフレクター・ビット
それ自体に攻撃力はないが、ビットから磁気フィールドが発生し、サイコガンダムMk-II本体から発射したビームを磁気フィールドにより反射させることで、敵の死角を狙う特殊兵器。同様の技術はシャンブロにも用いられている。
シールド
通常のMS程の大きさを持つ専用シールド。MA形態時には2つに分割して腕部に装着される。ミノフスキークラフトの制御システムの一部を担っているため、これがないとMA形態時に飛べなくなる。
『Ζガンダム』にてロザミアが搭乗した際にはシールドの調整が間に合わず、また宇宙での作戦だったこともあり、MS形態での出撃となった。
食玩『機動戦士ガンダム ユニバーサルユニット』付属のオリジナル武器。付属の台座を変形させることで全長を超えるサイズの巨大斧になる。

対決・名場面[編集]

Ζガンダム
ΖΖガンダムキュベレイMk-II (プル機)

関連機体[編集]

サイコガンダム
前世代機。
ガンダムMk-V
兄弟機。
ドーベン・ウルフクィン・マンサ
本機のデータが使われている。
シャンブロ
本機と同様、リフレクター・ビットが搭載されている。
サイコガンダムMk-III
後継機だと思われる機体。
サイコガンダムMk-IV (機動戦士Oガンダム 光のニュータイプ)
パロディ企画『機動戦士Oガンダム 光のニュータイプ』で紹介された本機の発展機。本機を赤く塗装したような外見を持つ。パイロットはアルテイシア少佐

商品情報[編集]

リンク[編集]