2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ジオング

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

MSN-02 ジオング(Zeong)[編集]

概要[編集]

ジオン軍が極秘開発したニュータイプ用モビルスーツ。ニュータイプ機として問題であった高機動力と、両腕の有線ビームによるオールレンジ攻撃を可能とした機体。ゲルググが使えないシャア・アズナブルキシリア・ザビから完成度80%と告げられて与えられたが、現場では80%の完成度でも十分性能が発揮できると太鼓判を押された。

ジオングのコンセプトは後のニュータイプ用モビルスーツモビルアーマーに引き継がれていった。

本来なら脚部が装着されるはずで、その状態を「パーフェクトジオング」と呼ぶが、この設定は漫画「プラモ狂四郎」で作られている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム
パイロットはシャア・アズナブル。両腕の有線ビームでアムロガンダムを攻め立てるが、最期は頭部ユニットまで追い詰められ、自動操縦のガンダムと相打ちになる。
機動戦士ガンダム サンダーボルト
シャアの機体以外と建造中の機体が接収されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
コクピットのある頭部が、緊急脱出ポッドになる。

武装・必殺攻撃[編集]

頭部メガ粒子砲
頭部口部に内蔵されたメガ粒子砲。胴体を破壊され、頭部ユニットだけになってもガンダムと交戦した。
腰部メガ粒子砲
胴体部に2門内蔵。ある程度可動するため対地・対空にも対応できる。
有線制御式5連装メガ粒子砲
両腕の指に装備されたビーム砲。有線式でサイコミュによって制御されオールレンジ攻撃が可能。二人乗っていればニュータイプ能力者でなくとも使用は可能。

対決・名場面[編集]

ジオング出撃
シャアがキシリアより「完成度80%」と告げられると、現場の人間からは「80%?冗談じゃありません、現状でジオングの性能は100%出せます!」と太鼓判を押すと、シャアは「脚が付いてない…」と言い、「あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ」と反論した。その後、整備兵が「シャアが使いこなせるかだ」と言うと「はっきり言う、気に入らんな…」と言って乗り込んだ。
後日談として、漫画「若き彗星の肖像」にて後にシャアがパーフェクトジオングに乗る際にこの整備士と再会し、整備士が「足も満更無駄ではなかった」と評価を改めたエピソードがある。
ガンダム
アムロのニュータイプ能力とガンダムに対抗したシャアのジオングは、有線ビーム砲でガンダムを攻めるが、お互い機体の部類を破壊つくす。最期はジオングが頭部ユニット、ガンダムは右腕と両足の状態で交差しての射撃で相打ちとなった。

関連機体[編集]

サイコミュ高機動試験用ザク
この機体のデータを元に本機体が開発された。
パーフェクト・ジオング
脚部ユニットを装着したジオング。本機の完成形。
高機動型ジオング
ブースターやスラスターが追加された機体。
グレート・ジオング
後継機。
サイコガンダム
本機のコンセプトを引き継いで開発された機体。
ヘルジオング マリーンヘルジオング ギャラクシー
本機をベースに改造したガンプラ。前者が水中用で、後者が宇宙用。


商品情報[編集]

リンク[編集]