2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

パーフェクト・ジオング

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
パーフェクト・ジオング
外国語表記 Perfect Zeong
登場作品
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 MSN-02
頭頂高 35.8m
本体重量 317.2t
主動力 熱核融合炉
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオン公国軍
開発拠点 アムブロシア(C.D.A.)
所属 ジオン公国軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオングに脚部ユニットを装備した機体。「ジオング (完成機)」と表記されることがある様に、本来の本機の名称は「ジオング」である。

脚部が追加されたことにより、一応地上でも運用可能となっている。足裏のスラスターは宇宙用の可変メイン・ロケット・モーターと同等の物であり、スラスター総推進力はほとんど変化していない。脚部にはプロペラントタンクやAMBACユニット兼スラスター・ユニットが搭載されているため、機動性はジオン軍の機体の中で最大とされる。

登場作品と操縦者[編集]

プラモ狂四郎
初登場作品。サッキー竹田が製作したガンプラ。ドムの足を付けた足つきジオングだが、パーフェクトガンダムに対抗してパーフェクトジオングと名乗っている。
MSV
脚部を新規デザインの物に変更した上で、プラモ狂四郎から逆輸入された。他媒体に登場する場合、主にこちらが出典となる。
機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像
ア・バオア・クー陥落直後の混乱に乗じてジオング3号機と脚部ユニットの約8割のパーツを回収して、アムブロシアで後に完成させた機体が登場。シャアが搭乗し、地球連邦軍を圧倒している。その後は、資材不足のために解体されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
頭部を脱出ポッドとして分離可能。

武装・必殺攻撃[編集]

頭部メガ粒子砲
頭部に内臓されているメガ粒子砲。分離後は唯一の武装となる。また、PCソフト『ジオン軍ミリタリーファイル』には腕部と同様、有線制御による攻撃端末としての運用も想定されていたとの解説がある。
腰部メガ粒子砲
胴体部に2門内臓されている。ある程度可動するため対地・対空にも対応できる。
腕部5連装メガ粒子砲
両腕の指に内臓されているメガ粒子砲。サイコミュによって有線式で制御され、オールレンジ攻撃が可能である。一般兵でも2人搭乗することで使用自体は可能。
大型サーベル
『プラモ狂四郎』で装備している大型の実体剣。

対決・名場面[編集]

パーフェクトガンダム
プラモシミュレーションでチーム戦の末に一騎討ちとなる。大剣でパーフェクトガンダムの頭部を切り落とすが、派手な電飾を施していた事が災いし、水鉄砲で水を掛けられて電気回路がショートして敗北した。

関連機体[編集]

ジオング
脚部ユニットを装備していない状態。
パーフェクトジオングMk-II
サッキー竹田が関ヶ原ウォーズに備えて用意したガンプラ。サイズは他のモビルスーツと同一だが、スポンジ製のボディとニクロム線の組み合わせにより、巨大化することができる。
ドム
1/144サイズのジオングに1/100サイズのドムの脚を付けるという改造例が元となり、本機が誕生した。
サイコガンダム
本機のコンセプトを引き継いで開発された機体。MS形態では、脚部を装備した本機とほぼ同じ大きさである。

商品情報[編集]

※旧シリーズでは1/250と大きさに見合ったサイズだったが、何とMG版が発売された。

リンク[編集]