グラン・ジオング

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
グラン・ジオング
外国語表記 Grand Zeong
登場作品 機動戦士ガンダム ムーンクライシス
デザイナー 松浦まさふみ
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用モビルスーツ
全高 約30m
主動力 熱核融合炉
開発組織 ネオ・ジオン
所属
主なパイロット タウ・リン
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ネオ・ジオンヌーベル・エゥーゴの共同軍のニュータイプ専用重モビルスーツ。ネオ・ジオン軍の切り札として極秘に開発されていた機体で、名称の「グラン」には末端パーツにまで個人の願いが込められたことに由来している。極秘に開発されたためか正式な型式番号は付けられていない。

ザビ家の遺児であるミネバ・ラオ・ザビの搭乗を前提に開発されており、防御性能を重視した機体となっている。単純な防御力の他に、ファンネルを初めとしたサイコミュ兵装への対抗措置突してアンチ・フィールド・システムを搭載している。防御力を重視しているが火力も低くなく、バルカン砲やビーム・サーベル、ミサイルの他にメガ粒子砲が内蔵されている有線制御式の大型クローアームを装備している。頭部の大型アンテナはこのサイコミュ兵装をコントロールするための物である。サイコフレームは過剰装備として搭載されていない。ちなみにジオングの名を冠した機体ではあるが、地上戦も想定した汎用機であるため脚部が存在している。

ちなみに窮乏するネオ・ジオンでこれだけの高性能機を開発できた理由としてはザビ家の遺児のための機体を開発しているという噂が流れ、それを聞きつけたスペースノイド達から最高品質のパーツと資材が自主的に供出されたためであり、ギラ・ドーガ3機分のコストで完成に至っている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム ムーンクライシス

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

アンチ・フィールド・システム
本機に搭載されている特殊兵装。敵のIフィールドを力場として利用して押さえつけ動けなくする効果を持つ。また、ファンネルのようなサイコミュ兵装もある程度無力化可能とされる。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

バルカン砲
頭部左右一対2門内蔵されている機関砲。
ミサイル・ポッド
両肩部に装備されているミサイル。
ビーム・サーベル
接近戦用の武装。
有線式大型クローアーム
両肩部に装備されている大型クロー。中央部にはメガ粒子砲が内蔵されている。サイコミュ兵装でもあり有線式でのオールレンジ攻撃が可能。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

ジオング
機体名称の由来となった機体。

リンク[編集 | ソースを編集]