2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

サイコミュ高機動試験用ザク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MSN-01 サイコミュ高機動試験用ザク(Psycommu System Zaku)[編集]

高機動時のサイコミュシステムの運用試験ができなかったため、サイコミュ試験用ザクの2号機を改修した機体。両脚部分は熱核ロケットエンジンに変更されており、高速運用時のサイコミュの試験を行った。しかし、燃料積載量が考えられておらず稼働時間が極端に短かった。この機体を元にジオングが開発された。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
出典作品。
機動戦士ガンダム サンダーボルト
ビリーが搭乗しア・バオア・クー防衛戦に参加している。漫画版ではサイコミュを使用できていないが、アニメ版ではサイコミュを使用し多数の敵機を撃墜している。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

有線式5連装メガ粒子砲
両腕の指に装備されたビーム砲。有線式でオールレンジ攻撃が可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

サイコミュ試験用ザク
原型機。
ジオング
データを元に新たに設計された機体。
クラーケ・ズール
機体のコンセプトを引き継いだ機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]