サイコミュ試験用ザク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MS-06Z サイコミュ試験用ザク(Zaku II Z Type)[編集]

サイコミュシステムモビルアーマーにのみ組み込まれていたが、本機はモビルスーツに搭載することを目指した試験機である。ビショップ計画によって製造された機体で、名称はビショップやサイコミュシステム試験型ザク、Zタイプザクとも呼ばれる。ベース機はザクIIだが、ビーム兵装を搭載したため頭部以外にその面影は少ない。サイコミュの小型化ができていないため、本体に比べ両腕が大型化してしまっている。脚部は着地用に残されているが歩行機能はない。合計で3機製造されたが、アンネローゼ用に予備パーツから4号機が後に製造されている。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
出典作品。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

有線式5連装メガ粒子砲
両腕の指に装備されたビーム砲。有線式でオールレンジ攻撃が可能。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ザクIIF型
原型機。
サイコミュ高機動試験用ザク
2号機はこの機体に改造された。
ジオング
完成機。

商品情報[編集]

リンク[編集]