サイコガンダムMk-III

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
サイコガンダムMk-III
外国語表記 Psyco Gundam Mk-III
登場作品 ガンダム・ザ・バトルマスター、他
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作モビルアーマー
型式番号 不明[1]
開発組織 ノマード議会軍
所属 海賊団
主なパイロット マリア・ニコルス
テンプレートを表示

概要[編集]

ノマード議会軍の研究機関が開発した試作モビルアーマー

機体名称を見るに宇宙世紀作品におけるサイコガンダムMk-IIの発展型に当たる機体と思われるが、立ち絵以外の設定がほとんど存在せず、詳細は不明である。モビルフォートレス形態への変形機構を有しているかどうかも不明ではあるが、TCG『GUNDAM WAR』収録のカードでは「変形機構は持たないが、その分装甲や火力が大幅に強化されている」と表記されている。なお、フェイス部はこれまでのサイコガンダムとは異なり、マスク部にへの字スリットがある通常のガンダムフェイスとなっている。

ノマード議会軍による開発の後、軍施設から脱走したマリア・ニコルスが強奪し、同施設と追撃部隊を攻撃。以降、彼女の搭乗機となり、海賊団の戦力として運用されている。軍から多額の懸賞金を賭けられているため、様々なバウンティハンターと交戦する事になる。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダム・ザ・バトルマスター
初登場作品。ラストボスとして登場する。遠距離ではビーム連射、近距離ではビーム・ソードや格闘による猛攻をかけ、プレイヤーを苦しめる。
ガンダム・ザ・バトルマスター2
パイロットと共に前作から引き続き登場。今作ではラストボスの前哨戦でプレイヤーの前に立ち塞がる。凶悪性能のアッパーで猛威を振るった。
Gundam Battle Assault、Gundam Battle Assault2
バトルマスターシリーズの海外版。『1』ではヴァルダー・ファーキル、『2』ではウルベ・イシカワがパイロットに設定されている。
ガンダム・THE・バトル(Gundam Battle Assault2の日本語ローカライズ版)
パイロットが元のマリアに変更されている。
SDガンダム GGENERATIONシリーズ
『F』でマリアと共に初参戦。パンチやビーム・ソードが再現されている。
その後『ジェネシス』で久しぶりに参戦(機体のみ)。武装は『ザ・バトルマスター2』準拠で、どれも再現度が高い物となっている。

装備・機能[編集]

※以下の武装名・技名は主にGGENERATIONシリーズで設定されたもの

武装[編集]

メガ粒子砲
バックパック、胴体、脚部など全身に搭載されている多連装ビーム砲。バックパックの物は設定画では3連装、ゲーム中では長方形型の単砲となっている。
ショルダー・パルスビーム
両肩部に3門ずつ設けられたパルスビーム砲。
大型ビーム・ソード
両腕部に内蔵。サイコガンダムMk-IIが手首を折りたたみビーム刃を発振させるのに対し、本機は腕部側面の基部から発振させる。ゲーム中では高威力かつ攻撃範囲が広く、回避操作ができる機体でなければ対抗するのは困難。
頭部バルカン砲と思われる武装
頭部に2門内蔵。いずれの登場作品でも未使用であるため、実弾式かビーム砲なのかは不明。

技・必殺技[編集]

格闘
格闘ゲーム出身ゆえの手足を使った攻撃。
ブラスト・アッパー
本機の代名詞である必殺技。ジャンピングアッパーカットで攻撃する。
「ガード不可、当たれば体力ゲージ1本分を削られる、全身が当たり判定」などの凶悪な性能で、プレイヤーのトラウマと化した。
メガ・ビーム・アタック
全身のビーム砲を一斉発射する。『ジェネシス』では背景演出まで再現されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

サイコガンダム / サイコガンダムMk-II
機体名から系列機の可能性があるが関連性は不明。
G-ドアーズ (サイコガンダムMk-IV)
機体名や書籍『MS大全集2009』記載の型式番号「MRX-012」に則った場合、本機の後継機にあたる機体。

商品情報[編集]

ゲームソフト [編集]

書籍 [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 書籍『MS大全集2009』にのみ「MRX-012」の記載あり。