量産型サイコガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
量産型サイコガンダム
外国語表記 Psyco Gundam Mass Production Model
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
型式番号 MRX-011
頭頂高 27.2m
本体重量 83.0t
全備重量 136.4t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 15,280kW
スラスター総推力 91,100kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 10,300m
開発組織 ティターンズ
所属組織
所属部隊 ナイトロ隊など
主なパイロット ナイトロ隊隊員
テンプレートを表示

概要[編集]

ティターンズエゥーゴとの短期決戦を期して、決戦兵器として開発したモビルスーツサイコガンダムMk-IIの小型化をコンセプトとして開発された。

40m級の原型機から小型化するにあたり、可変機構はオミットされている。また、エースパイロットに配備する予定だったためニュータイプ用のサイコミュシステムは外され、準サイコミュシステムが搭載されている。ダウンサイジングしながらも全身に火器を内蔵することで大火力を維持している。最初期の第4世代MSと言える機体で高性能であったが、グリプス戦役に投入されることはなかった。

実戦配備されることはなかったがガンダムMk-Vドーベン・ウルフといったインコム搭載機の系譜の端緒となった。

登場作品と操縦者[編集]

M-MSV
出典元。
シークレットフォーミュラー
月面のアナハイム・エレクトロニクス社の工場で開発されていた[1]ものの、ダカール演説により世論がエゥーゴ支持に傾いたため、ティターンズへの引き渡しが中止となった。その後、宇宙世紀0087年11月20日に反クワトロ派のエゥーゴの一部隊が機体を強奪。月の工業都市イプシロン近辺でフルアーマー百式改と交戦している。
機動戦士ガンダム U.C.0096 ラスト・サン
ナイトロ隊の所属機として複数機が登場。n_i_t_r_oが追加されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

収納式ハイ・メガ・バスター
胸部に内蔵されている大口径ビーム砲。使用時に砲口が展開される。非常に高い火力を持つが、使用時には他の全火器が使用不可能になる。使用後は発射時の熱を背部の強制冷却システムで排熱する。
拡散メガ粒子砲
胸部に3門内蔵されているメガ粒子砲。小型化に伴い縦ではなく横に3門並んでいる。
有線ビーム砲
両腕部に装備されている2連装ビーム砲。ユニットが分離して、準サイコミュによって有線式で制御される。
インコム・ユニット
脛部に1基ずつ装備されている準サイコミュ兵装。
ハイパー・ビーム・サーベル
両膝に装備されている高出力ビーム・サーベル
ビーム・キャノン
収納時にはビーム・キャノンとして機能する。
グレネード・ランチャー
7発搭載されている物が2基装備されている。装備箇所は不明。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

サイコガンダムMk-II
ベース機。
ガンダムMk-V / G-ドアーズ
小型化されたサイコガンダム系列の機体。

商品情報[編集]

ムック [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 機体の開発系統的には本来、ムラサメ研究所が開発を主導しているはずである。ティターンズがAE社と戦時協力を命じた上で開発を委託した可能性も考えられるが推測の域を出ない