ドーベン・ウルフ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドーベン・ウルフ
外国語表記 Dooben Wolf
登場作品
デザイン 明貴美加
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
型式番号 AMX-014
頭頂高 22.0m
全高 25.9m
本体重量 36.8t
全備重量 74.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 5,250kW
スラスター総推力 87,300kg
姿勢制御バーニア数 17基
装甲材質 ガンダリウム・コンポジット
センサー有効半径 12,000m
開発組織 ネオ・ジオン
所属組織 ネオ・ジオン
所属部隊 スペース・ウルフ隊など
主なパイロット ラカン・ダカラン
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ネオ・ジオン軍が開発した量産型モビルスーツ。強火力と高機動を追求した結果機体の大型化を招き、ニュータイプ能力を持ったパイロットのみが搭乗を許されたアクシズ製第4世代モビルスーツにあって、はじめて一般兵士が扱える機体として完成を見た。複雑な構造を有する機体の多い第4世代モビルスーツとしては生産性も良好であり、派生機も多い。

地球連邦軍から入手したガンダムMk-V[1]をベースとしており、同時に鹵獲したサイコガンダムMk-IIの機体データも反映されている[2]

モビルアーマー級の大型ジェネレーターを主動力源とした「恐竜的」な素地を持ち、ビーム・実弾を問わず多数の内装武器を備えている。また、準サイコミュシステムによって一般のパイロットでもインコム等を用いたオールレンジ攻撃が可能。同システムは連邦とネオ・ジオン双方で研究されていた技術が統合された事で完成度が高まり、更に同システムの恩恵によって、本機の全武装の火器管制もパイロット一人で可能となっている。

一般機と指揮官機の2種が存在するが、違いは両腕のビーム・ハンドが前者は有線式、後者は無線式となっているのみであり、性能的な差異は無いとされる。

ザクIIIと次期主力量産機の座を争い、優秀な性能が評価されて勝利。高級量産機として採用され、第一次ネオ・ジオン抗争時には精鋭部隊に優先して配備が行われるはずであったが、グレミー・トトの反乱によってグレミー軍側の戦力として運用された。

なお、当初は敵味方識別の為にグレーに再塗装される予定であったが、ラカン・ダカランがグレミーに掛け合って取り止めさせている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダムΖΖ
主なパイロットはラカン・ダカラン。グレミー軍のスペース・ウルフ隊にて6機が配備・運用され、マシュマー・セロザクIII改を撃破する等の高い戦果を挙げた。しかしラカン機はジュドー・アーシタフルアーマーΖΖガンダムとの戦闘で撃破され、部下達の機体も全機撃破されている。なお、作中ではインコムなど幾つかの武装が未使用に留まっている。
機動戦士ガンダムΖΖ (小説版)
ΖΖガンダムのハイ・メガ・キャノンによって全機まとめて撃破されている。
GUNDAM EVOLVE
「EVOLVE../10」にて一般機の他に白いカラーの隊長機が登場。一般機はΖΖ-GRキュベレイMk-IIの前に成すすべなく蹴散らされている。最後に残った隊長機は換装を終えたΖΖガンダムをキュベレイMk-II共々、インコムとメガ・ランチャーの挟み撃ちで仕留めようとするものの、ダブル・ビーム・ライフルとハイパー・ビーム・サーベルの背面撃ちでインコムを破壊され、続くハイ・メガ・キャノンの一撃でメガ・ランチャーのビームごと消し飛ばされた。
機動戦士ガンダムUC 星月の欠片
第1話で登場。宙賊が3機運用しており、ビームライフルは携行していない。リゲルグと共にドゥーエ・イスナーンダニー・セケンドジムIIIと民間シャトルを襲ったが、そこに現れたスタークジェガンによって撃破されている。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

準サイコミュシステム
一般パイロットでは不足しているニュータイプ能力をメカニックで補うサイコミュシステムの派生技術。機体制御及び火器管制、インコムのコントロールに用いられる。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

30mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されており、装弾数は300発。連邦系のそれと比較して小口径だが、有効射程内における集弾性や弾速に優れる。
グレネード・ランチャー[3]
脇下に2基内蔵している隠し武装。どちらかと言えば逃走や牽制を想定した装備であり、グレネード弾やスモーク弾等といった各種弾頭の発射が可能。
対艦用ミサイル
バックパック上部パイロンに二基装備可能。弾種はAMS-09R。その名の通り、対艦用の大型実弾兵器。
12連装ミサイルランチャー
背部バインダーに1基ずつ、計2基内蔵されている。ガザD等と同じ対MS用弾頭であるAMS-01Hを装填している。
ビーム・サーベル
MSの兵装としては一般的となった近接用装備。出力は0.56MW。両腰部に1基ずつ、計2基収納しており、収納状態でもビーム砲として機能する。
肩部ビーム・キャノン
背部バインダーの先端部に1門ずつ、計2門内蔵されているジェネレーター直結式のビーム砲。出力4.2MW。バインダーを可動させる事で前方に向けての発射も可能。
メガ粒子砲
胸部に2門内蔵されている大型ビーム砲。メガコンデンサを用いたジェネレーター直結型であり、出力は1基につき5.3MW。拡散・収束のモード変更が可能。メガ・ランチャー用のメガ粒子加速器の基部としても機能するフレキシブル・ビーム・エミッター仕様を採用する。
ビーム・ライフル
ドーベン・ウルフ専用のビーム・ライフル。出力は12.4MWと一般的なライフルより高出力である。胸部メガ粒子砲と接続する事でメガ・ランチャーの砲身及び加速器として機能する。
メガ・ランチャー
ビーム・ライフルをメガ粒子砲の砲口に接続し、先端の粒子制御リフレクターを展開する事で、出力40.2MWのメガ・ランチャーとして使用可能。この際、ビーム・ライフルは砲身を伸ばして粒子加速器として機能する。マゼラン級を一撃で轟沈する威力を誇るが、エネルギー消費が大きい為、最大出力での連射は不可能。
ビーム・ハンド
前腕部は分離する事で武装として使用可能。掌底部にはビーム砲(出力2.3MW)と高圧電流発生機能を備える。一般機用と指揮官機用の二種があり、前者は有線式、後者はレーザー通信を使用した無線式。両者ともにコントロールは準サイコミュによって行われている。無線式は有線式と比較して操作性は低いものの、内部に備えた隠し腕によってビーム・サーベルの使用や武器の保持が可能。
ヒート・ロッド
設計当初当初検討されていた武装。腕部に1基を内蔵する(ガンプラ旧キット「1/144 ドーベンウルフ」のインストに右腕部の画稿のみが存在。左腕部にも内蔵されているかは不明)。準サイコミュが導入された事でビーム・ハンドに変更され、こちらは採用されなかった。
インコム
バックパックに2基装備された準サイコミュ制御による有線ビーム兵器。出力4.2MW。コントロールワイヤーで連結されたインコム・ユニットを機外に射出し、リレー・インコムと呼ばれる中継ユニットを介して軌道を変更する事で二次元的な疑似オールレンジ攻撃を実現している。
リレーインコムにもマイクロ・レーザーが搭載されており、威嚇射撃が可能。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

ザクIII改
『ΖΖ』第45話より。戦場を移動中のスペース・ウルフ隊は、マシュマー・セロの駆るザクIII改を捕捉。正面から接近する機体で敵の気を惹き、一機がカメラアイの眼前に上から割り込むと言う不意打ちで、瞬く間に4機がビーム・ハンドでザクIII改を絡め取る。続けてウルフ隊はビーム・ハンドによる電撃攻撃を行った上でメガ・ランチャーの一斉射を行うが、強化された過ぎたマシュマーの思念がバリアとなり、ビームを跳ね返されてしまう。ザクIII改はビーム・ハンドを手繰り寄せ、引き寄せられたドーベン・ウルフの頭部を破砕。ザクIII改はそのままマシュマーの絶叫と共に、激しい閃光を放って自爆する。ウルフ隊はゲーマルクの急行に不利を悟り、ラカンの指示のもと後退した。

関連機体[編集 | ソースを編集]

系列機・派生機など [編集 | ソースを編集]

ドーベン・ウルフ (袖付き仕様)
第二次ネオ・ジオン抗争後、袖付きで運用されたドーベン・ウルフ。
シルヴァ・バレト
アナハイム・エレクトロニクス社が本機をベースに改修した準サイコミュ研究用の実権機。
リーベン・ヴォルフ
ジオン・マーズが再設計した機体。装備の大半をオプション化し、生産性を向上させている。
ガンダムMk-V
ベース機。インコムに加え、脚部や胸部に共通点を見出す事が出来る。
サイコガンダムMk-II
ガンダムMk-Vと同じくネオ・ジオンの手に渡った機体。開発時に機体のデータを使用している。

その他 [編集 | ソースを編集]

ザクIII
競合機。ネオ・ジオンの台所事情もあり制式採用は見送られた。
ゲーマルク
同時期に開発されていた機体。こちらはサイコミュの負荷もあって量産は難しいとされる。
グラ・ディアス
宇宙戦国時代のミキシングビルドモビルスーツの1機。本機の脚部が使用されている。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガンプラ[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. ティターンズから接収したとも、ローレン・ナカモトがアクシズ亡命時に試作機を持ち込んだとも言われている。
  2. その為、一部資料では「サイコガンダムMk-IIの小型化を目指した機体」と表記される場合もある。
  3. 資料によっては「ロケット・ランチャー」や「隠しランチャー」と呼ばれる事もある。