シルヴァ・バレト

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
シルヴァ・バレト
外国語表記 Silver Bullet
登場作品
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 ARX-014
頭頂高 22.2m
本体重量 33.5t
全備重量 70.5t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 5,250kW
スラスター総推力 87,300kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 13,500m
開発組織
開発拠点 アナハイム社グラナダ工場
所属 地球連邦軍ビスト財団(一部機体)
主なパイロット ガエル・チャン
テンプレートを表示

概要[編集]

第一次ネオ・ジオン抗争後、地球連邦軍アクシズに予備戦力として温存されていたドーベン・ウルフを接収し、アナハイム・エレクトロニクス社グラナダ工廠で改修させた試作型モビルスーツ準サイコミュシステムの技術研究を目的に、旧オーガスタ研究所出身のスタッフを中心に機体の解析と改装が行われた。

準サイコミュのテストに重点が置かれており、メガ粒子砲を始めとするジェネレーター直結型の内蔵武装の一部はオミットされ、それに伴って外装の装甲部材もアップデートされた。これら改修による副次的効果として、大幅な軽量化と各部スラスターへのエネルギー供給の効率化を実現した。

不要な部分を削ぎ落とし、機体コンセプトを一度絞り込んだ事でテスト機としての想定数値を大幅に超え、実戦運用にも耐えうる性能を獲得している[1]

頭部は準サイコミュ兵装のテストを目的としたガンダム・ヘッドと測定センサーを強化しシステム解析を行うジム・ヘッドの二種が存在する。

一部機体はアナハイムのサイコミュシステム開発に貢献した後、アナハイム関連企業経由で地球連邦軍からビスト財団へと引き渡された。

登場作品と操縦者[編集]

UC-MSV
出典元。PS3用ソフト「機動戦士ガンダムUC」のDLC第3弾が初出で、これ以降UC-MSV枠に追加されている。機体カラーはライトグレー。
機動戦士ガンダムUC バンデシネ
4機がユニコーンガンダムと模擬戦を行っており、当初は数の差で圧倒していたが、擬似NT-Dシステムによってデストロイモードに変身したユニコーンの前に3機が撃破されている。
その後、インダストリアル7における戦闘でも3機がネェル・アーガマリゼル部隊と交戦した。
機動戦士ガンダムUC (アニメ版)
episode 7にてビスト財団の保有する機体が登場。UC-MSV版とはカラーリング[2]や頭部形状が異なっている。
ガエル・チャンが搭乗し、バナージユニコーンガンダムに乗り込む時間を稼ぐべく、メガラニカ内部でフロンタルネオ・ジオングと交戦するも、その圧倒的な力の差の前にはまるで歯が立たず大破。止めを刺されそうになったところをバナージがユニコーンを呼び寄せて立ちはだかった為、九死に一生を得た。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている。ベース機では30mm口径であったが、ヘッド・ユニットの変更に伴い連邦系において標準的な60mm口径に変更された。
ビーム・ライフル
ジェガン用と同等品の携行式ビーム砲。模擬戦等で取り回しの良い携行火器が必要とされる場合に使用する。
ビーム・サーベル
大腿部に収納され近接戦闘用兵装。ドーベン・ウルフの既存兵装をそのまま流用したレイアウトになっている。
有線式ハンド
前腕部を射出し、有線式オールレンジ攻撃を行う準サイコミュ兵器。マニピュレータは高圧電流発生機能とビーム発射口を備える。また、『UC バンデシネ』においては直接殴打する所謂ロケットパンチ的な使用描写が見られる。
グレネード・ランチャー
脇下に2基内蔵している隠し武装。攻撃用というより逃走用としての意味合いが強いとされる。グレネード弾以外にスモーク弾等といった各種弾頭の発射も可能。
シールド
ドーベン・ウルフのメガ・ランチャーをショートバレル化し、ジェガン用のシールドに組み込んだ多目的装備。本来必要のない装備であったが、携行兵装を充実させる事で高精度のテストが行えるという改修チームの提案により用意された。
2連装ミサイル・ランチャー
シールドに2基装備。
ビーム・ランチャー
シールドに搭載されたビーム砲。射撃時には銃身部が伸長し、ある程度の長射程狙撃にも対応する。
ビーム・キャノン
バインダー先端部に搭載されているジェネレーター直結式のビーム・キャノン。バックパックを大きく展開させ、長射程での支援にも対応する。
対艦用ミサイル
背部に2基装着可能なオプション兵装。その名の通り、対艦用の大型実弾兵器。ベース機と同じAMS-09Rを使用可能。
12連装ミサイルランチャー
背部バインダーに装備されたミサイル・ランチャー。対MS戦を想定しており、弾種はドーベン・ウルフと同じAMS-01Hを使用可能。
インコム
準サイコミュによって制御される有線式オールレンジ兵器。バックパックに二基装備。リレーインコムを介してコントロールワイヤーを延ばしながら敵機に接近し、ビームによる攻撃を行う。
ドーベン・ウルフが使用していたインコム・ユニットに改良を加え、装弾数の増加及び再チャージ時間の短縮に成功している。

対決・名場面[編集]

機動戦士ガンダムUC バンデシネ[編集]

ユニコーンガンダム

機動戦士ガンダムUC (アニメ版) [編集]

ネオ・ジオング
Episode 7および『RE:0096』第21話より、元ネオ・ジオン機と現ネオ・ジオン機の対決。かつてのネオ・ジオン機をガンダム系のデザインに改装した本機と、元はガンダム系だった機体をジオン風に改装したシナンジュを中核とするモビルアーマーが戦うというのは運命の悪戯と言うべきか。メガラニカに侵入してきたネオ・ジオングに対し、バナージがユニコーンに乗り込む時間を稼ぐべく全兵装を以って挑むガエルだったが、ネオ・ジオングにはその一切が通用せず、逆にその圧倒的な火力で乗機を大破させられてしまう。止めを刺そうとするネオ・ジオングに死を覚悟するガエルだったが、その時、バナージの絶叫がユニコーンを呼び寄せた!

関連機体[編集]

ドーベン・ウルフ
ベース機。
シルヴァ・バレト (ファンネル試験型)
有線式プロト・フィン・ファンネルを装備したシルヴァ・バレト。
シルヴァ・バレト・サプレッサー
ミネバ一派によって運用されているシルヴァ・バレトの改修機。ビーム・マグナムの使用を想定し、バックパックには予備の腕部を四基装備している。
ガンダムMk-V
ドーベン・ウルフ系列機の大元であるガンダムタイプ。過剰な火力を削ぎ落とし、ガンダム・ヘッドを装備した本機はMk-Vへの先祖返りとも言える。
ジェガン
一部武装を流用している。

余談[編集]

  • アニメ版UCに登場したのがガエル・チャンの搭乗機のみだったためか、立体化の際はUC-MSV版との区別のため機体名の後ろに「ガエル・チャン専用機」と表記されている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

【UC-MSV版】

【ガエル機】

フィギュア[編集]

【ガエル機】

書籍[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. しかし、この性能は一部の技術者から「研究チームが密かに当初の発注以上の改装を行うという『個人的な執心』から得られた不正なデータである」との指摘がある。また、機体名称は「銀の弾丸」を意味し、「狼」の名を持つベース機に対する皮肉とも言えるものとなっている。この事から、研究チームのドーベン・ウルフ、ひいてはその開発にかかわったローレン・ナカモトに対する複雑な感情が伺える。
  2. 機体カラーは青みの強いグレーに改められ、アクセントカラーとしてグリーンやホワイトの塗り分けも変更されている。また、センサーの発光色もグリーンからイエローに変更された。