ガンダムMk-III

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ガンダムMk-III
外国語表記 Gundam Mk-III
登場作品 Ζ-MSV
デザイナー
  • 藤田一巳 (デザイン)
  • ときた洸一 (色指定)
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
型式番号 MSF-007
頭頂高 19.5m
全高 22.0m
本体重量 32.1t
全備重量 48.2t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,022kW
スラスター総推力 107,500kg(87,500kgとする資料もある)
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 11,500m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 エゥーゴ
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発したエゥーゴの試作型モビルスーツティターンズから奪取したガンダムMk-IIの解析データをベースに完成させた発展機で、次世代機のプロトタイプとする事を目的にフジタ博士が中心となって造り上げた。

博士はムーバブルフレームに関する技術や概念に魅せられており、Mk-IIが目指していたと思われる「人体の模倣」というコンセプトを更に推し進めるべくフレームの徹底解析を行った上で発展的な独自改良を加えている。Mk-IIのフレームは技術的にまだ成熟しきったものではなく、材質による強度不足の問題も指摘されていた。本機が採用しているフレームではその問題を解決すべく構造を単純化し、使用されるパーツもより洗練された物へと改良されている。また各所にはガンダリウムγを積極的に採用しており、幾らかの脆弱性も改善されている。これらの改良によってレスポンス性能が向上すると共に軽量化も図られ、これまで以上に人体に近い動作を実現するに至った。バックパックの両側面に設置されたアクティブスラストバインダーはΖガンダムのスタビレーターと百式のフレキシブルバインダーの機能を併せ持つ装備で、メインスラスターと併用する事で高い機動性と運動性を両立させる事を可能としている。武装はビーム・ライフルやビーム・サーベル、シールド、ビーム・キャノンを装備し、それらを稼働させる為のジェネレーターも新規に用意された。この他に頭部はΖガンダムの部材を多数流用して造られ(単なる調達の問題とされているが、真相は不明)、それ故にΖ系を思わせるデザインとなっている。内部にはシーカーデバイスを搭載し、ビーム・キャノン使用時にはこれと連動させるようになっている。ちなみにバルカン砲は装備されていない。「人体の模倣」という点においてMk-IIを凌駕する程の非常に高い完成度を得ており、特に「武術や剣技の達人を思わせる挙動と騎士のような華麗さを兼ね備えている」という証言も存在する程に接近戦時のMk-IIIの挙動は高く評価されている。性能自体もあらゆる面でMk-IIを上回る。

型式番号の「F」はフジタ博士のイニシャルであるとされる。

登場作品と操縦者[編集]

Ζ-MSV
詳細は不明だが、一説にはこの時期は第3世代である可変モビルスーツの全盛期だった為、設計段階で開発が中止されたと言われる。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

換装
フルアーマー形態に換装可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
本機の主兵装となる携行式のビーム砲で、デルタガンダムが装備している物の同型。試験的にデュアルサプライシステムを採用しており、そのため銃身の下部にMk-II用、後部に百式用のエネルギーパックが装着されている。2系統のメガ粒子キャパシタを組み合わせたビームドライブ機構を併用できるようになっていて、一発で全エネルギーを使い切るような運用も可能なように造られている。
ビーム・キャノン
背部に2門装備されている。最大出力での連射が可能であり、エネルギーダウン対策としてバックパックに大容量エネルギーCAPとアクセラレーターから成るビームレギュレーターデバイスを内蔵している。
専用の照準システムが搭載されているので、パイロットはトリガーを引く事に専念できるようになっている。
ビーム・サーベル
ビーム・キャノンは取り外すことでビーム・サーベルとしても機能する。
シールド
主に左腕部に装着される実体盾。本体装甲と同組成のガンダリウム合金で出来ており、ネモ系で使われている部材も流用しつつ機体バランスを崩さないよう設計を行っている。裏面にはビーム・ライフルの予備Eパックを4つまで装着可能。
ビーム・サーベル
シールドの表面に2基マウントされている。専用品だが、従来品との性能差等は不明。こちらはビーム・キャノンとしての機能を有していない。
基本的には手に持って使用するが、マウントしたままでもビーム刃を形成して攻撃できる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

フルアーマーガンダムMk-III
追加装甲を装着したガンダムMk-III。
ガンダムMK-III 8号機
数機開発されたガンダムMK-IIIの1機。シャアが搭乗することを目指していたため機体カラーが赤色となっている。
ガンダムMk-II
ベース機。
ガンダムMk-IV
ガンダムMk-IIIの設計データを極秘裏に入手したティターンズオーガスタ研究所に開発させた機体。
Ζガンダム百式
アクティブスラストバインダーはこの2機のスタビレーターとフレキシブルバインダーの機能を併せ持っている。
また頭部の部材はΖから流用している。
デルタガンダム
ビーム・ライフルはこの機体の物の同型を採用している。
ネモ
シールドの部材はこの機体の系列で採用されている物が流用されている。

余談[編集]

  • 本機は月刊OUTに掲載された藤田氏デザインの「アドバンスドガンダム」を基にしており、アレンジしてB-CLUB誌上で『Ζ-MSV』として発表したのが本機である。
  • 「ガンダムMk-III」という機体は本機の他にも「ハーピュレイ」や「イグレイ」と呼ばれる機体が存在する。これらは月刊モデルグラフィックスやその別冊『PROJECT Ζ』『MISSION ΖΖ』で発表されたオリジナルの作例であり、公式ではない(先に発表されたのはこの2機であり、『Ζ-MSV』版はその後に発表された)。
    • 「RX-272 ガンダムMk-IIIハーピュレイ」はグリプスにおいてティターンズが対Ζガンダム用として開発した高機動機体で、作戦に応じて装備を換装する可変機。Mk-IIに見切りをつけたフランクリン・ビダンによって新たに設計され、彼の死後は別の担当者によってギャプランの研究データを参考に大幅な設計変更が加えられている。
      「ハーピュレイ」は2号機の愛称であり、他に1号機「フリーア」と3号機「デュライ」が存在する(正式名称は「ガンダムMk-III」)。これらはデータ収集の為に全て異なる装備と愛称が与えられているとされ、3号機はウェイブライディング・ボートによる大気圏突入が可能。装甲材に使用しているガンダリウムβの精錬に限界があり(装甲材はガンダリウムβではなくチタン・セラミック複合材と表記されている事もある)、この時点ではまだガンダリウムγの技術をティターンズが持っていなかった為に性能が想定を下回ってしまい、結局制式採用はされなかった。
    • 「RX-166 ガンダムMk-IIIイグレイ」は当初「地球連邦正規軍によって開発されたMk-IIの機能強化型」という設定だったが、『MISSION ΖΖ』ではティターンズ・ガンダムの1機として紹介されている。
      Mk-IIのフレームが持つポテンシャルの高さに注目したキリマンジャロ基地の開発グループがグリプスから設計図を取り寄せて造っていた機体で、複製したフレームに宇宙戦に特化した高機動型スラスターユニットを装着している。装甲にはガンダリウムγを採用した事でMk-IIよりも本体重量が軽量化され、オプション武装のペイロードが増加した。出力も強化されている。開発中に生産配備を却下され、更に基地がカラバの攻撃を受けた事で試作機、設計データ共に失われたとされる。なお「イグレイ」は愛称で、こちらも正式名称は「ガンダムMk-III」。先行して開発されていたRX-272と機体名が被ってしまっているが、あちらも軍の承認は得られていないので問題は無いとされている。
      ちなみに、この機体のデザインもアドバンスドガンダムが基になっている。
    • 更にこの他にも数機の「ガンダムMk-III」が存在する。
  • SDガンダム外伝』に登場する騎士ガンダムはガンダムMk-IIIをモチーフとしてデザインしているとされる。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア[編集]

リンク[編集]