2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

クシャトリヤ

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

NZ-666 クシャトリヤ(Kshatriya)[編集]

ネオ・ジオン軍(袖付き)が開発した試作型モビルスーツ
クィン・マンサを基にしたニュータイプ専用機で、コクピット周辺へのサイコフレーム搭載によるサイコミュシステムの小型化と複数の機能を集約したサイドバインダーを2枚から4枚に増加させた事により、原型機の性能を維持しつつ20m級へのダウンサイジングに成功している。このサイドバインダーはAMBACユニットを始め、ファンネルコンテナやフレキシブルスラスター、シールドなども兼ねる多機能ユニットであり、メガ粒子砲やサブ・アーム(隠し腕)、プロペラントタンクも搭載されている。

現在のネオ・ジオン軍ではサイコフレームの独自生産が不可能などといった事情から、本機はほぼ完全なワン・アンド・オンリー機となってしまっており、破損した部位の完全な修復すらままならない状態である。
またサイコフレームを採用しているとはいえ、ニュータイプ能力の高いパイロットでないとその性能を発揮しきれない。

「クシャトリヤ」とは古代インドのバラモン用語の「刹帝利」であり、ヴァルナ階級の王族や武将階級。
連邦からは「四枚羽根」の通称で呼ばれる。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムUC
パイロットはマリーダ・クルスで、実質的に彼女の専用機となっている。
インダストリアル7内部でロンド・ベル隊のモビルスーツを多数撃破し、その性能を見せ付けたが、ユニコーンガンダムとの戦闘により機体は損傷し、撤退。パラオ攻略戦の際にも再度戦闘を行ったが、戦闘の末に敗北して鹵獲されている。
その後、ネェル・アーガマ地球連邦軍・袖付きの両方から追われる立場になると戦力として投入される事となったが、フル・フロンタルシナンジュとの戦闘で互いにダメージを受け、最後はリディ・マーセナスバンシィの攻撃からネェル・アーガマを庇って撃破された。
機動戦士ガンダムUC(OVA版)
ネェル・アーガマに鹵獲されるところまでは原作と同様だが損傷がかなり酷く、後に同艦が袖付きと協力体制をとっている際に補修が行われた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

サイコフレーム
フレームの構造材に金属粒子レベルの大きさのサイコ・チップを封じ込めたもの。これによってサイコミュの小型化が可能になった。
サブ・アーム
「隠し腕」とも呼ばれる。サイドバインダー内に各1基装備。
Iフィールド・ジェネレーター
サイドバインダーに内蔵されている対ビームバリア発生装置。

武装・必殺攻撃[編集]

メガ粒子砲
バインダーに各2門、胸部に4門、計12門を内蔵。収束、拡散の2種類のビームを放つ事ができる。
マシンキャノン
胸部メガ粒子砲のすぐ傍に内蔵されている2門の実弾兵器。主に牽制などに使用される。劇中未使用。
ビームサーベル
両腕部に1本ずつマウントされている。この他、リゼルの物を奪って使用した事もある。
ビームガン
腕部にビームサーベルをマウントした状態で使用可能となる。
小型ビームサーベル
サブ・アームに各1基を内蔵している。
ファンネル
本機の主兵装である無線式の誘導兵器で、サイドバインダーに6基ずつ、計24基を搭載。基本構造はキュベレイ系に搭載されている物と同じだが、以前より小型化されたために機動性が向上している。性能自体も向上した。
ビームガトリングガン
本機のオプション装備として開発された武装で、ファンネルやメガ粒子砲といったパイロットや機体に大きな負担がかかり、限定的な使い方しか出来ない武装を補助するために用意された。ヤクト・ドーガのメガ・ガトリングガンをベースに改良が加えられており、U.C.0096時の標準的な携行式ビーム兵器と同等の威力のビーム弾を高速で連射するようになっている。
ネェル・アーガマ艦載機となった際に装備された。
サイドバインダー分離
サイドバインダーの基部をビームサーベルで強制的に切り離して相手にぶつける。
シナンジュとの戦闘でファンネルが尽きた為、この手段で反撃を行った。

対決・名場面[編集]

スターク・ジェガン:
ユニコーンガンダム:

関連機体[編集]

クシャトリヤ・ベッセルング
補修機。
クシャトリヤ・リペアード
ベッセルングを更に改修した機体。
クィン・マンサ
原型機。
α・アジール

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]