クシャトリヤ・ベッセルング

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
クシャトリヤ・ベッセルング
外国語表記 Kshatriya Besserung
登場作品 機動戦士ガンダムUC (アニメ版)
デザイナー カトキハジメ
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
生産形態 現地改修機
型式番号 NZ-666
全高 22.3m
装甲材質 ガンダリウム合金
原型機 クシャトリヤ
開発拠点 ネェル・アーガマ
改修 ネオ・ジオン残党「袖付き
所属 ロンド・ベル
母艦 ネェル・アーガマ
主なパイロット マリーダ・クルス
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

ユニコーンガンダムとの戦闘で大破・捕獲されたクシャトリヤネェル・アーガマ内で補修した機体。名称の「ベッセルング」はドイツ語で「向上」や「回復」を意味する。

この補修作業は「最低限度の稼働能力の維持」を目的としており、袖付き側の主導で一方的に行われ、トムラが指揮を執っている。クシャトリヤはほぼ完全なワン・アンド・オンリー機であるが故に予備パーツがほとんど無く、頭部のカメラユニットなど、補修された部位の一部にはネェル・アーガマに備蓄されていた地球連邦軍MSの規格品が代用品として使用されている(モノアイの色がピンクから緑に変わったのはこの為)。右脚部は仮設フレームが設置されているが、これは予備の脚部フレームを加工した物。見た目からは単なる応急処置にしか見えないが、トムラ曰く「『ある機能性』を付与させる為の適切な基礎状態である」との事。

他にもサイドバインダーや左腕、胸部等に損傷を受けたが、サイドバインダーは後ろの2基が失われ、残りも左側の1基がフレームのみの状態となった。左腕は肘から下が無くなり、胸部も装甲が外されてコクピットブロックが丸出しである。ちなみに頭部も一部装甲が外され、カメラユニットが剥き出しになっている。補修の為か武装も内蔵火器以外は全て取り外されており、当然戦闘には向かない状態である。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダムUC(アニメ版)
episode 6にて登場。フル・フロンタルらによって占拠されたネェル・アーガマ内において、マリーダ・クルスオードリー・バーンの要請で乗り込み、アンジェロ・ザウパーローゼン・ズールを抑え込んだ。以後、最終決戦に向けてクシャトリヤ・リペアードへと改修される。
当初、OVA版においてクシャトリヤはepisode 2以降での登場予定が無かったため原作小説以上に激しく損傷しており、その後、予定の変更により再登場が決定したため、補修状態である本形態が新たに設定される事となった。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

サイコフレーム
フレームの構造材に金属粒子レベルの大きさのサイコ・チップを封じ込めたもの。これによってサイコミュの小型化が可能になった。
サブアーム
「隠し腕」とも呼ばれる簡易マニピュレータ。右のサイドバインダー内に1基装備されている。
Iフィールド・ジェネレーター
サイドバインダーに内蔵されている対ビームバリア発生装置。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

メガ粒子砲
収束・拡散の選択が可能なメガ粒子砲。各バインダーに2門ずつ、胸部に4門の計8門が内蔵されている。本機の状態では後者の右上と左下がユニコーンガンダムとの戦闘で破損し修復されず、カバーが被せられている。また、前者も左サイドバインダーがフレームのみの状態であるため機能するかが不明である。
マシン・キャノン
胸部メガ粒子砲のすぐ傍に内蔵されている2門の実弾兵器。主に牽制などに使用される。
小型ビーム・サーベル
サブアーム内に内蔵されている小型ビーム・サーベル。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

クシャトリヤ・リペアード
改修機。
クシャトリヤ
原型機。原作小説版UCでは一貫してこちらの姿で登場する。

商品情報[編集 | ソースを編集]

フィギュア[編集 | ソースを編集]

資料リンク[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]