2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

α・アジール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
α・アジール
読み アルパ・アジール
外国語表記 Alpha-Azieru
登場作品 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
デザイナー 出渕裕
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用宇宙用試作型モビルアーマー
型式番号 NZ-333
全長 108.26m
頭頂高 58.4m
本体重量 128.6t
全備重量 267.4t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 19,830kW
スラスター総推力 2,217,500kg
アポジモーター数 31
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 23,800m
開発組織 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
母艦 レウルーラ
主なパイロット クェス・エア
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオ・ジオン軍のサイコミュ対応機動兵器を参考にして開発された、ニュータイプ専用巨大モビルアーマー。読み方は「アルパ・アジール」である。

分類は強襲型であり、下半身には脚部のような形状の2層式のプロペラントタンクと推進器が一体となったシュツルムスラスターユニットを装備し、驚異的な加速性能で戦場に逸早く辿り着き、燃料を使い切ったらデッドウェイトにならないように破棄する事も出来る。Iフィールド発生装置も搭載されていると言われるが、ビーム兵器で損傷している場面もあるために判然としない。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
クェス・エアの乗機となり、多数のジェガンを撃墜するが、アムロ・レイνガンダムにはギュネイ・ガスヤクト・ドーガの二人掛かりでも敵わなかった。その後、クェスはアムロを追ったが、ハサウェイ・ノアのジェガンと接触した直後、チェーン・アギリ・ガズィが放たれたグレネードに、ハサウェイのジェガンを庇う形で撃墜された。なお、小説版(『逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』)においては、クェスがネオ・ジオンに参加してすぐにこの機体に搭乗しており、最期はアムロとシャアの戦いに割って入ろうとした所に、ハサウェイのジェガンから放たれたビームライフル(カセットではハイパー・バズーカ)によって撃破されている。
GUNDAM EVOLVE
『EVOLVE../ 5』で登場。この作品では肩部をキュベレイのように変形させていたり、コアユニット以外をパージしての高速移動を行っていたりする。
『逆襲のシャア』とは異なる展開となっており、クェスがハサウェイのジェガンを撃破している。それを感じ取ってアムロのνガンダムが来たが、戦闘になる。フィン・ファンネルのバリアにより封じこめられ、その間にアムロがハサウェイが生きていることを感じ取りそれをクェスに伝えた。そしてクェスは本機のコアユニット以外を分離してハサウェイを助けに向かって行った。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

Iフィールド
対ビームバリア。前述のように、本当に装備しているかは判然としていない。しかし、ゲームでは搭載されている事が多い。
変形
降着形態に変形可能。
分離
シュツルムスラスターユニットを分離可能。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に6門内蔵。大口径のため威力が高い。
有線サイコミュ式メガアーム砲
両肩に有線式の5連装ビーム砲を装備しており、オールレンジ攻撃を仕掛ける。
メガ粒子砲
口部に強力なビーム砲を備える。ビームの収束や拡散が可能。ゲームなどによって「ハイメガ粒子砲」、「拡散メガ粒子砲」と表記は異なる。
ファンネル
腰回りに大型ファンネルを9基装備。ジェネレーターを内蔵しているので実質的な分類はビット。
サブ・アームユニット
肩部に内蔵されている。先端は3本のクローになっており、ある程度の格闘戦は可能。劇中では未使用だが『GUNDAM EVOLVE』で使用している。ゲームによってはここからビーム・サーベルを展開している。
大型メガ粒子砲
ゲームによって装備していたりしなかったりする。装備している場合は胸部に搭載している。

対決・名場面[編集]

リ・ガズィ
アクシズへ向かったアムロを追うクェスだったが、そこにジェガンに乗るハサウェイが現れる。ハサウェイはクェスを取り戻そうと必死で説得するが、クェスは彼を拒絶。その時、チェーンリ・ガズィが現れ、リ・ガズィが放たれたグレネードランチャーに、ハサウェイのジェガンを庇う形でコクピットに直撃。クェスはハサウェイを助ける様に散っていった。

関連機体[編集]

サイコ・ドーガ
本機の試作機。
β・アジール
本機の発展型。
エビル・ドーガ
本機の残骸からブッホ・コンツェルンが最新技術を投入して再生した機体。
ディガンマ・アジール
重力下仕様に改修した機体。
アハヴァ・アジール
サイコフレームの前身である精神感応技術のテストヘッド機。
ノイエ・ジール / クィン・マンサ
α・アジールの基となったとされる機体。
ネオ・ジオング
設計思想が受け継がれている機体。ちなみに本機の名称も企画段階では「ネオ・ジオング」だった。

商品情報[編集]

リンク[編集]