β・アジール

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
β・アジール
外国語表記 Beta Azieru
登場作品 CCA-MSV
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルアーマー
型式番号 NZ-444
主動力 熱核融合炉
開発組織 ネオ・ジオン
所属 ネオ・ジオン
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオ・ジオン軍が開発したα・アジールの発展機。ナイチンゲールの延長線上にある機体と見られている。

頭部はα・アジールのヘッド・カバー・ブースターを覆ったような形状となっており、その背部にブースターが追加装備されている。火力面も強化されており、2連装メガ粒子砲や対艦ミサイルなどが追加されている。カラーリングは赤だがシャア専用の機体かどうかは不明である。

時期的にも軍の予算的にも製造されたかどうかは疑問である。

登場作品と操縦者[編集]

CCA-MSV
出典元。降着姿勢形態のみ描かれている。
SDガンダム GGENERATIONシリーズ
『GENESIS』にて初登場。降着形態以外の姿が初めて描かれた。α・アジールと同型の肩部ユニットが追加されている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
降着形態に変形可能。
サイコフレーム
『GENESIS』にて設定された。

武装・必殺攻撃[編集]

武装のほとんどは、『GENESIS』で新たに設定された。

2連装メガ粒子砲
ブースター上部に2基、側面に2基、両腰部に2基装備されている。
大型ファンネル
腰回りに大型ファンネルを10基以上装備。ジェネレーターを内蔵しているので実質的な分類はビット。
有線サイコミュ式メガアーム砲
両肩に有線式の5連装ビーム砲を装備しており、オールレンジ攻撃を仕掛ける。サブアームも装備されているかは不明である。
2連装大型対艦ミサイル
機体前部に砲門が4つ備わっている。
ハイパー・メガ粒子砲
機体中央に装備されているジェネレーター直結式のメガ粒子砲。大型戦艦すら一撃で撃沈できるほどの火力を持つ。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

α・アジール
元となった機体。
ナイチンゲール
本機はこの機体の延長線にある機体と見られている。
ネオ・ジオング
未完成の本機を転用して完成させた機体とも言われている。

商品情報[編集]

リンク[編集]