ナイチンゲール

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

MSN-04II ナイチンゲール (Nightingale)[編集]

概要[編集]

ネオ・ジオン軍が開発した試作型モビルスーツ。総帥シャア・アズナブルの専用機で、彼のパーソナルカラーである赤で塗装されている。同軍のフラッグシップ機であると同時にニュータイプ専用機でもある為にサイコフレームが採用されていて、MSでありながらニュータイプ専用モビルアーマー級の性能が発揮できる。
グリプス戦役等における様々な機体の優秀なコンセプトを積極的に採り入れており、既存のMSと比較してかなりの巨体を誇る。バックパックから機体正面まで斜めになる前傾姿勢のようなデザインとなっており、MAを思わせるその姿は一見すると鈍重そうな印象を与えるが、背部に備わった大型の可動式バーニアバインダーと各所に配された多数のバーニアスラスターが合わさり高い機動性を有している。その分、推進剤の消費量も膨大化しているが、背部に3基、リアスカートに2基の大容量プロペラントタンクを搭載してそれを補いつつ作戦行動時間の延伸や生残性の向上が図られた。
武装は高出力ビーム兵器やファンネル等を装備し、その性能やシャアの技量と相まって他を寄せ付けない程の高い戦闘力を誇っている。

「ナイチンゲール」は「サヨナキドリ」とも呼ばれる鳥の事。「死を告げる鳥」であるという伝承から名付けられた。

初出は小説『ベルトーチカ・チルドレン』で、小説版サザビーと言うべき機体である。後に『CCA-MSV』の機体としても登場し、「極限まで性能を突き詰めて造られたサザビーの強化発展機」という設定が付与されている。
ゲームで登場する場合は『CCA-MSV』設定である事が多いが、唯一『機動戦士ガンダム EXTREME VS. MAXI BOOST』では小説版設定で登場している。

そのデザインや巨大さからかガレージキットでしか商品化された事はなかったが、現在ではガンプラ「RE/100」の第1弾として本機が発売されている。その際、武装の数も増加された(元々は大型メガ・ビーム・ライフルとビーム・サーベル、ファンネル、シールドの4つしか設定されていなかった。この他、ゲームオリジナルでメガ粒子砲が装備されていた事もある)。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
パイロットはシャア・アズナブル
フィフス・ルナの落下作戦で慣熟飛行を兼ねて出撃、アムロリ・ガズィと交戦して圧倒するも見逃してグラーブを回収した。その後アクシズ落下作戦でロンド・ベルの核攻撃を防ぎ、Hi-νガンダムに乗り換えたアムロとも戦ったが敗北している。
CCA-MSV
試作機が完成していたとする説と設計段階で中断されたとする説が存在するが、詳細は不明である。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

サイコフレーム
コクピットフレーム部に採用された構造材。サイコミュと同程度の性能を持つサイコチップが金属粒子レベルのサイズで封入されていて、サイコミュシステムの小型化や機体の追従性の向上等といった恩恵を得る事ができる。
隠し腕
フロントスカートに2基格納されている簡易型のサブ・マニピュレーター。ビーム・サーベルを使用でき、接近戦時の「奥の手」として有効である。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
胸部に2門内蔵されている実弾兵器。
この時期のネオ・ジオン機は弾薬調達の都合によりビーム兵器を採用した機体が多かったが、本機は総帥専用機である為に近・中距離戦時の防御力を高める一環として装備された。
大型メガ・ビーム・ライフル
携行式の長銃身ビーム砲。長距離からの精密射撃が可能で、銃身の下部にはバイポッドを備える。
発射時に収束と拡散を選択でき、後者は近・中距離戦で高い効果を発揮し、連射も可能。規格的にはメガ・バズーカ・ランチャー級の超高出力ビームも撃てるとされる。
ビーム・サーベル
接近戦用の武器だが、どこにマウントされているかは不明。隠し腕に持たせて接近してきた敵機への奇襲に使用する他、普通に手に持って使う事もある。
拡散メガ粒子砲
腹部に1門内蔵。発射時にはカバーを展開する。
収束発射できるかどうかは不明。
シールド
主に左腕部に装着される実体盾。材質はガンダリウム合金で、本体の装甲と同等の物が使われている。裏面には武装をマウント可能。先端部は鋭利な形状となっており、打突武器としても使用できる。
表面にはネオ・ジオン軍の紋章が描かれている。
ビーム・トマホーク
接近戦用の武器で、シールドの裏側にマウントされている。ビームの形成器が両側と中央の計3基あり、ビーム・サーベルとしては勿論、両側のどちらか一方からビーム刃を形成してビーム・アックスとする事も可能。最大出力時には3基全てからビーム刃が形成され、出力の高い大型ビーム・サーベルとなるが、消費するエネルギー量は増加する。
マイクロミサイル
シールド裏面の先端に3発マウントされている。発射時に目標がインプットされ、光学的に認識してホーミングする仕様。
ファンネル
可動式バーニアバインダーに10基マウントされた無線式の誘導兵器。α・アジールの物をベースに小型化されており、大容量コンデンサーシステムを搭載する事でサイコ・ドーガで採用されている円筒型以上の稼働時間と威力を実現している。
バインダーはファンネルポッドも兼ねているので、回収後にエネルギーやプロペラントを補給して再使用する事も可能だが、基本的には使い捨てとされる。

対決・名場面など[編集]

Hi-νガンダム

関連機体[編集]

サザビー
アニメ版におけるシャアの搭乗機。
『CCA-MSV』ではこの機体の強化発展機がナイチンゲールとされている。
ナハトガル
ナイチンゲールの初期デザインをリデザインした機体。
α・アジール
ファンネルはこの機体の物をリサイズして装備している。
またリアスカート部やランディングスキッドはこの機体の影響を受けているとも言われる。
キュベレイリゲルグジ・OΖ系MS
これらの機体の影響を受けていると言われる。
β・アジール
ナイチンゲールの延長線上にあるとされる機体。
Hi-νガンダム
『ベルトーチカ・チルドレン』版νガンダム

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

ガレージキット[編集]

リンク[編集]