サイコ・ドーガ (ベルトーチカ・チルドレン)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
サイコ・ドーガ (ベルトーチカ・チルドレン)
外国語表記 Psycho Doga
登場作品 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
デザイナー 出渕裕 (月刊ニュータイプ)
柳瀬敬之 (漫画版)
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 MSN-03-2
主動力 熱核融合炉
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 ネオ・ジオン
主なパイロット グラーブ・ガス
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオ・ジオン軍の試作型モビルスーツ。『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のヤクト・ドーガと同じ立ち位置の機体である。

本来の名前はサイコ・ドーガだが、『CCA-MSV』の出典機体に同名の機体が存在するため、媒体によって区別のために「サイコ・ギラ・ドーガ」と表記される場合がある。バックパックは高機動型の物が装備されており、ファンネルはギラ・ドーガの肩アーマーのスパイクを置き換える形で装備されている。各部パーツはギラ・ドーガと同じパーツが多数使用されている。カラーリングは白色で2機登場している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
『CCA』のヤクト・ドーガから差し替えられる形で登場。活躍についても概ねヤクト・ドーガと同様である。機体絵については月刊ニュータイプ1988年6月号で出渕裕氏によって上半身が描かれている。後に出た漫画版ではこれを基に柳瀬敬之氏が設定画・機体設定を用意している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

サイコフレーム
フレームの構造材に金属粒子レベルの大きさのサイコ・チップを封じ込めたもの。これによって小型化したサイコミュの機能補完を行った。『ベルチル』作中では、フィフス・ルナでの戦闘でシャアが損傷した本機を意図的に放棄し、ロンド・ベル側にサイコフレームの技術を流出させている。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・アサルトライフル
突撃銃としての能力を持たせたライフル。口径は小さめだが威力は標準的なものとなっていて、軽量かつ取り回しに優れる。速射と精密照準射撃の切り替えが可能で、複合センサーとレーザーセンサーが装備されている。
ヒート・ナイフ付ビーム・サーベル
後腰部に1基装備されている。鍔の部分にヒート・ナイフが付いていて、グリップも備えているので外して使う事も可能。
ファンネル
両肩に3基ずつ装備されている。サイコミュによって制御される無線式誘導兵器でオールレンジ攻撃が可能。ラックが用意されているため再充電が可能と思われるが不明。
シールド
左腕に装備されている実体盾。
ミサイル
シールド裏に3発装備されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ギラ・ドーガ
原型機。
ヤクト・ドーガ
映画『CCA』において本機と同じ立ち位置にある機体。
サイコ・ドーガ
同名の機体。こちらはα・アジールのプロトタイプにあたる。

商品情報[編集]

リンク[編集]