ベルトーチカ・イルマ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ベルトーチカ・イルマ(Beltorchika Irma)[編集]

カラバの一員。本業はジャーナリスト「戦争は嫌いだけれど戦わなければいけない時に戦うこととは別」と言ったり、両親は一年戦争時のコロニー落としで亡くなっており、戦災孤児であるとこともなげであったり、割り切りのできる性格。 気の強い性格であり彼女の強引さが七年間シャイアン基地で遊んですっかり腑抜けになっていたアムロ・レイを再起させた。

機動戦士ガンダムUCでも登場しており、行方不明になったアムロを「人の形を失っても、心は宇宙に溶けている気がする」として、悲しみながらもそれを受け入れて前向きに考えている様子。ちなみに最終話のEpisode7でカイ・シデンが電話をかけている相手は彼女。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士Ζガンダム
カラバの一員で、アムロを落とす。出会ってからの時期を考えると、案外アムロも手が早い?
機動戦士Ζガンダム A New Translation
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
ヒロイン。設定が変更になった劇場版「逆襲のシャア」ではこの役割をチェーン・アギが引き継いだ。
機動戦士ガンダムUC

人間関係[編集]

アムロ・レイ
興味を持って近づき、戦闘参加に難色を示すアムロを色仕掛けで奮起させる。
カミーユ・ビダン
ガンダムMk-IIをアムロに譲れなどと迫る。

名台詞[編集]

「女の愛撫で男を奮い立たせることができるのなら、女はそれをするときもあるのよ」
アムロに対して。女の武器を十二分に使うベルトーチカらしい台詞。
「でも、ダメだとわかれば捨てるわ」
そして上記台詞の直後にはっきり言ってのける。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]