Hi-νガンダム

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
Hi-νガンダム
読み ハイ ニューガンダム
外国語表記 Hi-ν Gundam
登場作品
デザイン 出渕裕(小説『ベルトーチカ・チルドレン』、ガンプラなど)
柳瀬敬之(漫画『ベルトーチカ・チルドレン』)
カトキハジメ(ガンプラ
テンプレートを表示
スペック
分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
型式番号 RX-93-ν2
全高 20m
本体重量 27.9t
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 ロンド・ベル
母艦 ラー・カイラム
主なパイロット アムロ・レイ
テンプレートを表示

概要 [編集]

小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』や『CCA-MSV』に登場する機体で、νガンダムの別デザインまたは発展機である。

初出である前者ではνガンダムの出渕裕版デザインという扱いで、サイコフレームの実装過程や武装に違いはあれども、呼称は「νガンダム」のままだった。

そして、後者に登場した際には、νガンダムの発展系である「Hi-νガンダム」として設定され、発展前のνガンダムが急造機だったのに対し、十分なテストを重ねて完成された完成型という扱いになった。

『ベルトーチカ・チルドレン』での設定[編集]

元々は地球連邦軍アナハイム・エレクトロニクス社に開発させていたモビルスーツ。それをブライト・ノアロンド・ベルに赴任する際に手土産として本機がロンド・ベルに配備されるように手配し、さらにアムロ・レイが自ら設計したサイコミュを搭載して制式採用とした。その後、鹵獲したネオ・ジオン軍のサイコ・ドーガからサイコフレームを移植し、性能を強化している。

サンライズが公式設定としているのはこちらの方である。

『CCA-MSV』での設定[編集]

νガンダムの発展型とされるモビルスーツνガンダムが3ヶ月で急造された機体であるのに対し、本機は充分にテストを行った上で完成された機体である。背部にファンネルラックやロングテールスタビライザーを装備する等、性能の強化が図られている。

アムロ・レイの搭乗を想定していたが、彼がシャアの反乱で行方不明になった為、搭乗する事はなかった。

備考[編集]

元々は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』に登場するνガンダムの別機体。イラストの挿絵1枚で全体像は不明であった(同作の表紙には通常のνガンダムが描かれている為、ややこしい)が、1990年のホビージャパンで行われた特集で本機の全体像を出渕氏が描き、現在のHi-νガンダムが形作られた。その後、1998年8月15日にメディアワークスから発行された『データコレクション⑦ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』にて、改定されたHi-νガンダムの全体像のイラストが公開され、設定も改定された(CCA-MSVの方)。同時に、同小説に登場したナイチンゲールサザビーの発展型として記載されている。これにより、現在のHi-νガンダムの設定は完成を見た。

近年、サンライズにより公式設定化され、マスターグレード1/100スケールも発売された。その際、出渕氏よりリデザインされ、スマートな印象となったため、ファンの間では賛否両論となった。

元々、νガンダムは「シャアを越える」という意味で「Hi-Sガンダム」という初期名称だったが、御存知の通りシャア・アズナブルのイニシャルはCであり、これに直すと某飲料と同じ名前になると言うことで、仮称であったNEWガンダムをもじってνガンダムとなった経緯があった。本機の名称はこの「Hi-S」のSをνに変えて付けられた。また、SガンダムはHiをとったものが元になっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
初登場作品。『逆襲のシャア』のνガンダムと同様、地球寒冷化作戦を阻止するべく、シャア率いるネオ・ジオンと激闘を繰り広げた。
CCA-MSV
νガンダムの発展型である「Hi-νガンダム」としての設定が新たに用意された。
ガンプラ
『MG 1/100 Hi-νガンダム』(2007年2月)の発売による「Hi-νガンダム」の公式化に合わせて、出渕裕氏によりリデザイン。体系が細身になり、紫だった塗装箇所が青に変更される等、上記作品のデザインと比べてスマートな印象となった。後にカトキハジメ氏がリデザインした『MG 1/100 Hi-νガンダム Ver.Ka』(2014年8月)も発売されている。こちらは『ベルトーチカ・チルドレン』版を意識した大柄なデザインとなっている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

サイコフレーム
サイコミュ性質のあるコンピューターチップを金属粒子レベルで埋め込んだ物。アクシズ・ショックと呼ばれる謎の現象を起こすなどの未解明の部分が多い。なお『ガンダムUC』では発展型のフル・サイコフレームが登場した。
フィン・ファンネル・バリア
フィン・ファンネルから発生したビームでピラミッド状のビームバリアを形成する。ビームだけでなく、実弾兵装をも弾く描写もある。
サイコフィールド
名シーンの一つ、アクシズ返しの時に発生し、MS隊だけでなくアクシズをも押し返した。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵された武装。
腕部マシンガン
右腕に内蔵されているカートリッジ式の実弾兵器。リデザインされた際に追加された。
ミサイルランチャー
νガンダムと同様、シールド裏側に4発装備。しかし、リデザインされた際には無くなっている。
ビームキャノン
シールド裏側に1門内蔵。一年戦争時のビームライフル並みの威力がある。リデザインされた後も存在しているようだが、それらしい物は見当たらない。
ビームライフル
メインウェポン。νガンダムの物と形状が異なっている。
ビームサーベル
ファンネルラックにカスタムタイプを1本ずつ、左腕に予備を1本の計3本をマウントしている。カスタムタイプは柄尻からもビームを出せる。
ニューハイパーバズーカ
νガンダムの物と形状は同じ。口径は280mm。
余談だが、『SDガンダム GGENERATION SPIRITS』では同デザインのビーム兵器「メガランチャー」として扱われていた。下記のハイパー・メガ・バズーカ・ランチャーを意識した物なのだろうか?
ハイパー・メガ・バズーカ・ランチャー(ハイパー・メガ・ビーム・ランチャー)
戦艦を一撃で撃沈するほどの威力を誇る大型ビーム砲。百式のメガ・バズーカ・ランチャーの発展系と思われる。初出である小説『ベルトーチカ・チルドレン』ではアクシズのエンジンを破壊する為、ラー・カイラムからのエネルギーチャージを受けて使用していた。
当初、設定画は無かったものの、ゲーム『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』へ参戦した際にデザインが新たに設定された。
また、漫画版『ベルトーチカ・チルドレン』に登場した際には、新たに柳瀬敬之氏による設定画が用意されている。前記の物とは別デザインであり、砲身にラー・カイラムの主砲を使用している。
フィン・ファンネル
νガンダムと同様のものだが、背部左右のファンネルラックに各3基づつ装着されており、エネルギーを充填して再使用する事も可能となっている。旧デザイン版では紫と白のグラデーション、リデザイン版では青と白のツートンカラーである。

対決・名場面[編集]

ナイチンゲール

関連機体[編集]

νガンダム
デザイン元または発展元。
Hi-νガンダムHWS装備型
本機にHWS(ヘビーウェポンシステム)を装着した状態。マスターグレード版Hi-νガンダムVer.Kaの拡張パーツ用として新たに設定された。
Hi-νガンダム GPBカラー
模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングGコウジ・マツモトが使用するガンプラ。νガンダムを彷彿とさせる白の黒のツートンカラー。
Hi-νガンダムヴレイブHi-νガンダムインフラックス
ガンダムビルドファイターズAに登場する、本機をベースに改造したガンプラ。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

リンク[編集]