ディガンマ・アジール

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディガンマ・アジール
外国語表記 ϝ-Azieru
登場作品
デザイン
  • MORUGA
  • 寺島慎也(SDバージョン)
  • テンプレートを表示
    スペック
    分類 ニュータイプ専用試作型モビルスーツ
    型式番号 NZ-333
    頭頂高 117.5m
    本体重量 229.3t
    主動力 熱核融合炉
    開発組織 ネオ・ジオン
    所属 ネオ・ジオン
    テンプレートを表示

    概要[編集]

    ガンダムトライエイジ』に登場するゲームオリジナル機体。

    ネオ・ジオン軍のアクシズ落下作戦成功時に、地球に残存する地球連邦軍の機体や基地を殲滅するためにα・アジールを改修した機体。地上で運用できるように脚部が追加されている他、両腕がサブアームではなくファンネル・ハンドとなっている。本来なら「完璧」の名を有する予定であったが、戦況が変化したため開発が中断され、失われたギリシャ文字「ϝ(ディガンマ)」が宛てがわれている。

    地上で運用することを想定していたようであるが、有線サイコミュ式メガアーム砲や大型ファンネル、ファンネル・ハンドなど地上で使用できるかが怪しい武装が多い。

    登場作品と操縦者[編集]

    ガンダムトライエイジ
    出典元。
    ガンダムビルドダイバーズ ブレイク
    第5話にSDバージョンの本機が登場。デザインはRX-零丸などを担当した寺島慎也氏。

    装備・機能[編集]

    特殊機能[編集]

    Iフィールド
    原型機からして装備されているか不明である。

    武装・必殺攻撃[編集]

    バルカン砲
    頭部に6門内蔵されている。
    有線サイコミュ式メガアーム砲
    両肩に装備している5連装ビーム砲。有線式のサイコミュ兵装だが地上で使用できるかは不明。
    メガ粒子砲
    口部に内蔵されているビーム砲。収束と拡散の切り替えが可能となっている。
    ファンネル
    腰回りに大型ファンネルを9基装備。ジェネレーターを内蔵しているので実質的な分類はビットである。
    5連装メガ粒子砲
    両腕の指に内臓されているメガ粒子砲。ファンネル・ハンドによってオールレンジ攻撃が可能である。
    ファンネル・ハンド
    両手を無線式で射出することができる。
    ビーム・ハンド
    ファンネル・ハンド射出後の基部から巨大な手の形をしたビーム兵器を発生させる。
    アポカリプス・ディガンマ
    ゲーム中に披露した必殺攻撃。ファンネルハンドでオールレンジ攻撃を行った後、ビーム・ハンドで敵モビルスーツを掴んで握り潰すコンビネーション攻撃となっている。

    対決・名場面[編集]

    関連機体[編集]

    α・アジール
    原型機。
    ジオング
    本機のカラーリングはこの機体を意識したものと思われる[1]
    足が付いているため、どちらかというとこちらだろうか。

    商品情報[編集]

    トレーディングカード [編集]

    資料リンク[編集]

    リンク[編集]

    脚注[編集]

    1. カード「BG3-042 ディガンマ・アジール」フレーバーテキストより