ハサウェイ・ノア

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハサウェイ・ノア
外国語表記 Hassaway Noa
登場作品
声優
  • 花中康子 (Ζ)
  • 佐々木望 (CCA以降)
  • 小野賢章 (劇場版閃ハサ)
  • テンプレートを表示
    プロフィール
    種族 人間 (アースノイド)
    性別
    年齢 7歳 (Ζ) ⇒ 13歳 (CCA) ⇒ 25歳 (閃ハサ)
    出身 地球
    血液型 A型
    職業 民間人 (Ζ~CCA) ⇒ 植物監察官、マフティー指導者、MSパイロット (閃ハサ)
    所属 民間 (Ζ~CCA) ⇒ マフティー (閃ハサ)
    主な搭乗機
    テンプレートを表示

    概要 [編集 | ソースを編集]

    ブライト・ノアミライ・ヤシマの息子で、ノア家の長男。

    彼が歴史の表舞台に立ったのは第二次ネオ・ジオン抗争の時であり、シャア・アズナブル地球寒冷化作戦を受けて母、妹と共にホンコンから宇宙へと避難するが、アデナウアー・パラヤが政治特権で割り込んだ事により、ハサウェイ一人で宇宙へと向かう事になった。道中アデナウアーの娘クェス・パラヤと交友を深めるが、彼女はシャアに理想の男性像を求め彼の下へと降ってしまう。

    ハサウェイはクェスを取り戻す為にラー・カイラムへと密航。そこで成り行きでメンテナンス中だったジェガンに乗り実戦を経験する事になるが、その中でクェスの死を目の当たりにし、心に深い傷を負う。

    第二次ネオ・ジオン抗争の出来事で鬱を患う事になったハサウェイは、心に受けた傷を癒やす為、アマダ・マンサンの下で植物監査官候補生として活動する。マンサンの下で働いている最中、恋仲であったケリア・デースマン・ハンターの人狩りに巻き込まれ負傷した出来事を切っ掛けにマンサンの伝手で紹介されたクワック・サルヴァ―の思想に共感。また、シャアの目的が人類全てを宇宙へと移民させ、地球環境の回復を目指す事に気付いた事で、反地球連邦組織マフティーの表向きの指導者「マフティー・ナビーユ・エリン」として連邦に対するテロ活動を行った。

    登場作品と役柄[編集 | ソースを編集]

    機動戦士Ζガンダム
    初登場作品。第17話~第18話で登場した。母ミライに連れられ妹チェーミンとともにホンコンへと渡り、そこにアウドムラで到着したアムロ・レイと出会う。しかしその直後、アウドムラを追ってホンコンに到着したベン・ウッダーに拉致され、家族共々アウドムラのクルーを脅迫する人質とされてしまう。その後、カミーユやアムロの奮闘によって無事救出された。また、チェーミンと遊んでいる時に、フォウ・ムラサメと出会っている。
    機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
    小児だった『Ζ』から時が経ち、成長した姿で登場。母妹と共にホンコンより宇宙に上がることを試みるが、アデナウアーが政治特権で割り込んだ事により、母らは搭乗できず一人宇宙へと向かう事になる。この時、アデナウアーの一人娘クェス・パラヤと出会い、仄かに想いを寄せるようになる。搭乗したシャトル「天鹿(テンルゥ)」は5thルナの地球降下の余波を受けたため、ロンド・ベルの旗艦ラー・カイラムに救出される。そこで同艦艦長で父親ブライト・ノアと再会。ロンデニオン到着後、アムロ・レイ、クェスと3人でロンデ二オンへドライブしている最中にシャア・アズナブルが現れ、クェスは「アムロには嫌な女(チェーン・アギ)がいる」という理由でネオ・ジオン側に行くのであった。
    シャアからクェスを取り返したいと一心でラー・カイラムに密かに乗り込み、戦闘中にジェガンを無断で乗り込んで出撃。α・アジールに乗るクェスを発見して説得したが、クェスは聞く耳を持たず失敗。そこに現れたチェーン・アギリ・ガズィからの攻撃でクェスは死亡、報復としてチェーンを殺害してしまうのだった。この部分は小説ベルトーチカ・チルドレンでは異なり、シャアを奪おうとするアムロへの嫉妬に駆られたクェスを止めるため、自らの手でクェスを殺害してしまう。これは続編・閃光のハサウェイに直接関連してくることである。クェスを殺害した場合は、敵軍のMAを撃墜した戦果で、チェーンを殺害した場合は、ジェガンの電装系の故障により記録が残っていない為、無断出撃の件で軍法会議は行われたが、特に処罰はされなかった。
    機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン
    立ち回りは映画と概ね同じだが、ナイチンゲールに止めを刺そうとするアムロを妨害しに入ったクェスを誤射によって殺めてしまっている。また、ニュータイプとして高い素質を持っている設定であり、作中ではジェガンに乗り込んだ直後にギラ・ドーガに直撃弾を与え撃墜している。
    GUNDAM EVOLVE
    「EVOLVE 5」に声のみ登場。冒頭でクェスのαアジールに機体を大破させられてしまうものの、精神感応によってアムロの説得を拒み続けるクェスを説得。これを受け自分の気持ちに素直になったクェスはハサウェイの下へと向かっていった。
    機動戦士ガンダムUC
    直接登場はしないが、ハイスクールで植物学を専攻している事が明かされている。また、死亡したクェスの事がトラウマとなったままで、一時期鬱病になっていた事も語られている。
    機動戦士ガンダムUC 虹に乗れなかった男
    『逆シャア』で味方機を撃墜した件について、ブライトやラー・カイラムのクルーの温情により隠蔽工作が行われたという設定になっている。しかし上層部にはこの事が露見しており、作中でブライトと取引を行う際の材料とされた。
    機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
    同作の主人公として登場。『ベルトーチカ・チルドレン』から続く物語となっている。クェスを殺めてしまったハサウェイは、結果としてネオ・ジオンのMAを撃墜した事によりMSを無断搭乗した罪に問われることはなかったが、心を通わせかけた少女を自らの手で殺めた罪悪感は消えることなく一時期鬱状態になっていた。植物監査官候補生として実習を受ける為地球に滞在していたある日、実習教官の知り合いであるクワック・サルヴァーと名乗る男に「地球を無人に近い状態にして延命策を講じるという建前でマンハンターは不法居住者を虐殺し、それを命令している特権階級の人々はますます地球への移住を進めている状態である」事を教えられた。クワックがキナ臭い事を望んでいるらしいのは察知していたが、黙視出来ない現実があることを知ったハサウェイは恋人のケリアと共にマフティーに参加する事になった。シャアの反乱の後しばらく軍にいた経験もあるが、元々NT的な才能があった為、わずか一年足らずでマフティー中枢の戦闘要員となり、ハサウェイは組織のリーダー「マフティー・ナビーユ・エリン」になっていた。
    宇宙世紀105年、アデレードの地球連邦議会では、地球を一部の特権階級が私物化できる法案が可決されようとしていた。それを阻止すべくミノフスキークラフト搭載型モビルスーツ「Ξガンダム」を駆り、アデレードを襲撃する。しかしその前に立ちふさがったのは、互いに友として認めあったケネス・スレッグ率いるキルケー部隊だった。Ξガンダムの性能を限界まで引き出し、ペーネロペーをビーム・サーベルの一太刀で撃墜する所まで追い詰めた。が、そこにはアデレートの全電力を集めたビーム・バリヤーが設置されており、接触したΞガンダムは機能を停止、襲撃は失敗、マフティー軍は敗北した。全身に大火傷を負ったハサウェイは捕らえられ、ケネスの指揮によりマフティーとして 銃殺刑に処された。処刑される際に、「地球を守る健やかな精神」を未来の人類が持つことを信じ、その可能性に希望を託した。享年25歳。
    劇場版 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
    劇場版『逆襲のシャア』からの設定を引き継ぐ形で物語の主人公を努める。小野賢章氏が声優を担当。

    人間関係[編集 | ソースを編集]

    家族[編集 | ソースを編集]

    ブライト・ノア
    父。『逆襲のシャア』ではそれなりに良好な親子関係が見受けられたが、『閃光のハサウェイ』では互いに悲劇が訪れる。
    ミライ・ノア
    母。かつてのホワイトベースの操舵手。
    チェーミン・ノア
    妹。

    機動戦士ガンダム 逆襲のシャア[編集 | ソースを編集]

    クェス・パラヤ
    第二次ネオ・ジオン抗争時に出会った少女。ハサウェイは彼女に想いを寄せたが、それが叶う事はなかった。彼女の死は、ハサウェイが成長した後も彼のトラウマとなって苦しめる事になる。
    アムロ・レイ
    『Ζ』時代から出会っており、『逆襲のシャア』の時代で再会。少年期のハサウェイにとって彼を導く年上の大人として振る舞っていたものの、付き合いは短かった。マフティーとなってからは彼から「ガンダム」を受け継ぐ。
    チェーン・アギ
    ハサウェイを気遣ってクェスに近付かない様に警告するが、いがみ合いの最中にクェスを殺した事で、逆に殺害してしまった。彼女を殺害した事については、ハサウェイが乗っていたジェガンがフライトレコーダーが故障していた事で言及される事はなかった。
    シャア・アズナブル
    新生ネオ・ジオンの総帥。第二次ネオ・ジオン抗争の際はクェスを奪った相手としてその憎しみを向けていたが、その後彼の思想を理解し、その理念を受け継ぐ事になる。
    ハロ
    ロンデニオンに立ち寄った際、アムロからプレゼントとして3代目を手渡される。『ベルチル』では親子再会の記念として同じ経緯でプレゼントされており、声紋を登録しないと命令を聞かないという説明と作るのに半年かかった事が告げられている。

    機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ[編集 | ソースを編集]

    ギギ・アンダルシア
    ハウンゼン356便で出会った大富豪の愛人。彼女の予言めいた言動に惑わされながら互いに惹かれ合う。
    ケネス・スレッグ
    地球連邦軍キルケー部隊の司令官。ハサウェイと友情を育むも、お互いの立場から敵対。最終的に彼の手によってハサウェイは引導を渡される事になる。
    レーン・エイム
    キルケー部隊に所属するペーネロペーオデュッセウスガンダム)のパイロット。Ξガンダムの初陣でハサウェイに撃墜された事で、彼に敵対心を燃やす。
    エメラルダ・ズービン
    マフティー構成員。豪快な性格の女性。Ξガンダムを輸送するカーゴ・ピサにハサウェイを送り届ける役目を負った。
    ガウマン・ノビル
    マフティーのMSパイロット。戦闘中に捕虜となり、レーンによって人質にされた所をハサウェイに救出された。
    レイモンド・ケイン
    1ギャルセゾンのキャプテン。エメラルダとは恋仲であり、彼と共にハサウェイをカーゴ・ピサへ移送した。
    イラム・マサム
    マフティーの支掩艦ヴァリアントの副長兼参謀。ハサウェイの事情を知る良き理解者であり、彼の片腕的存在。
    ケリア・デース
    植物観察官候補生時代からのハサウェイの恋人。ハサウェイが組織に参加するきっかけを作った人物でもあるが、その後ハサウェイとギギの間を察して配置転換を希望し、彼の下を離れる。

    名台詞[編集 | ソースを編集]

    逆襲のシャア[編集 | ソースを編集]

    「クェスは死にません、その前に取り戻します。その為にモビルスーツの操縦だって習ったんです!!」
    ラー・カイラムに密航し、クェスを取り戻す事を決意して。しかし、彼のその言葉は直後にアムロに「死人に引っ張られる」と批判される。
    「チェーン・・・チェーンか、殺ったのは!!」
    「殺っちゃいけなかったんだよ!そんな事もわからない大人だから地球だって平気で消せるんだ!」
    クェスの死に激昂し、リ・ガズィを撃墜してチェーンを手にかけてしまう。
    「クェス……クェス……」
    小説『ハイ・ストリーマー』にて、クェスの死のショックに涙する。
    「あ、当たっちゃった……」
    小説『ベルトーチカ・チルドレン』のPART 14より、シャアの乗るナイチンゲールを守らんとνガンダムを潰そうとするα・アジールのコクピットにビーム・ライフルを直撃させてしまった際に。恋焦がれたクェスをシャアから取り戻すべく自ら戦場に飛び出し、必死に説得を続けたハサウェイだったが、その結末は自らの手で思人をあっさりと殺めてしまうというあまりにも呆気無いものだった。落下するアクシズをジェガンから唖然と見つめるハサウェイは何を思うのか……。
    「アクシズを地球に落としちゃ、だめなんだーっ!!」
    「こんなもので何億人もの子どもが殺されてたまるか!!」
    「戦争やってる俺たちは死んであたりまえだけど、子どもたちには関係ないんだ!!殺しちゃいけないんだーっ」
    村上としや氏による漫画版の名台詞。ハサウェイはこの叫びと共にアクシズに向かい、その行動を見た戦場の兵士たちは、地球滅亡を企むシャアの野望を止めるべく、アクシズに集結した。

    閃光のハサウェイ[編集 | ソースを編集]

    「手を上げろ!もう、終わりだ!」
    「他に仲間がいるのなら今すぐこのシャトルから、離れろと伝えるんだ!いいな!」
    ハイジャッカーとその仲間にシャトルを降りろと促す。
    「……でなければ、シャアが起こした反乱も、あの時死んでいった人たちの霊もなぐさめられない……」
    仲間とのコンタクトを終え、タサダイ・ホテルに戻ってきた際の独白。
    「ここからが地獄だぞ」
    ペーネロペーから開放されたガウマンを保護し、その直後にこの一言と共に高機動戦闘を行う事を示す。対するガウマンは「やってみせろよ」と言って覚悟を決めた。
    「クェスは求めすぎたんだ……その上で僕から逃げていったじゃないか!!」
    「シャア・アズナブルを愛した女の出来損ないがいうことかっ!!」
    青年へと成長した彼の夢の中でクェスが現れ彼女がシャアの所に行き、怒りをぶつけた。
    「クェス・パラヤの事とか……戦争とかそういうことでなったんじゃない……夢だな……夢を見ているみたいだ……ずっと……」
    銃殺刑を告げられての独白。その結末をニュータイプたちと出会い、自分の能力を考えずにニュータイプになろうとした自分への報いだと考えており、達観した様子で残される家族を想い、ただ静かに最期の時を待った。
    「いつか人類の健やかな精神がこの地球を守ると信じている。それまでは、人の犯した過ちは今後ともマフティーが粛清し続ける。これまで僕に関係してくれて、僕に豊かな人生を提供してくれた全てに感謝する」
    処刑台での最後の言葉。処刑という結末に恨みをぶつける訳でもなく、決意と感謝と共にハサウェイはこの世を去った。

    搭乗機体・関連機体[編集 | ソースを編集]

    メッド
    『逆シャア』中盤でジャンク屋から50回のローンで購入。ラー・カイラムへ密航する際に搭乗した。その後、アクシズの破砕作業の為にブライトが搭乗している。
    ラー・カイラム
    父ブライトが艦長を務める艦。ロンデニオンから出港する際にメッドに搭乗して密航した。
    ジェガン
    『逆シャア』終盤にてクェスと接触するべくパイロット不在の機体を無断借用した。
    Ξガンダム
    『閃ハサ』での搭乗機。アムロの意志を次ぐという意味でギリシャ文字で「ν」の次の「Ξ」の名を冠する。

    余談 [編集 | ソースを編集]

    • 上述の通り、『逆襲のシャア』の小説版『逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』ではチェーンが登場しない為、他ならぬハサウェイ自身がクェスを殺害しており、『閃光のハサウェイ』はその設定から繋がっている。
    • OVA『GUNDAM EVOLVE』では逆に、ハサウェイの想いがクェスの心を救うという『逆襲のシャア』とは異なる展開が見られる。
    • 『閃光のハサウェイ』において、『逆襲のシャア』での無断出撃は戦闘中に一機撃墜した事を理由にお咎めなしとなっている。この「一機撃墜」は『ベルトーチカ・チルドレン』ではクェスの事を指しているが、『逆襲のシャア』では無断出撃時に遭遇したギラ・ドーガである。

    商品情報[編集 | ソースを編集]

    小説 [編集 | ソースを編集]

    漫画 [編集 | ソースを編集]


    村上としや氏の漫画版『逆襲のシャア』を併録。

    資料リンク[編集 | ソースを編集]

    リンク[編集 | ソースを編集]