ケネス・スレッグ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケネス・スレッグ
外国語表記 Kenneth Sleg
登場作品 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
声優
  • 立木文彦 (『GジェネF』、他)
  • 大塚明夫 (『サンライズ英雄譚』)
デザイナー 美樹本晴彦
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間
性別
職業 キルケー部隊指揮官
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 キンバレー部隊 (キルケー部隊)
階級 大佐
主な搭乗機 ハウンゼン
ケッサリア
テンプレートを表示

概要 [編集]

対マフティー部隊である地球連邦軍キンバレー部隊(後に彼自身によって「キルケー部隊」に改名)の司令官。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ
初登場作品。部隊司令官に着任する為、ハウンゼンで地球へ降下中にハサウェイ、ギギの二人と出会う。政府高官が多数搭乗するハウンゼンがハイジャックされるも、ハサウェイと協力しハイジャッカーを鎮圧した。この事件をきっかけにケネスはハサウェイを評価し、友人として親交するようになる。
マフティーとの戦いの中、ハサウェイがマフティー・ナビーユ・エリンである事に気づき、苦悩しながらもΞガンダムのアデレート襲撃の阻止に成功。ブライトにマフティーの正体がハサウェイであることを隠す為、自らマフティー処刑の指揮を執るが、彼の努力は上官の裏切りによって無駄となってしまった。最終的にケネスは地球連邦軍を除隊し、ギギと共に日本に渡る。そして、彼女に「いつかハサウェイやアムロ・レイのようなニュータイプと出会った時の為、彼らが活躍できるような組織を立ち上げたい」と語った。
SDガンダム GGENERATIONシリーズ
『F』で初参戦。立木文彦氏が声優を担当した。
サンライズ英雄譚
こちらでは大塚明夫氏が声優を担当している。

人間関係[編集]

ハサウェイ・ノア
ギギ・アンダルシア
レーン・エイム
ブライト・ノア
メジナウム・グッゲンハイム
メイス・フラゥワー

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

ハウンゼン
地球降下時に搭乗していたシャトル。
ケッサリア
部隊での移動手段。

商品情報[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]