エビル・ドーガ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
エビル・ドーガ
外国語表記 EVIL DOGA
登場作品 SDガンダム GGENERATIONシリーズ
デザイナー 石垣純哉
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルアーマー
型式番号 XMA-02
全高 不明
全備重量 不明
装甲材質 ガンダリウム合金
原型機 α・アジール
開発組織 ブッホ・エアロダイナミックス社
所属 クロスボーン・バンガード(予定)
テンプレートを表示

概要[編集]

ゲーム『SDガンダム GGENERATION』シリーズに登場するゲームオリジナル機体。

クロスボーン・バンガードの試作型モビルアーマーブッホ・ジャンク社が回収したα・アジールの残骸から最新技術を用いて再生された機体である。

開発はラフレシアの前段階、もしくは同時期に開発されており、ファンネルを主兵装としている。ファンネルの制御はネオサイコミュシステムによって行われるため、ニュータイプでなくとも使用することが可能となっている。また、バグのコントロールシステムを搭載していることから、本機も「ラフレシア・プロジェクト」の一貫として開発されている機体であるようだ。

月および地球への侵攻作戦に向けて開発が進められていたが、プロジェクトを仕切っていたカロッゾ・ロナが戦死したため、実戦投入されることはなかった。

登場作品と操縦者[編集]

SDガンダム GGENERATIONシリーズ
『ZERO』で初登場。同作、搭乗者マーク・ギルダーで専用カットイン。
月刊ガンダムエース
2010年8月号掲載の『GAME'S MsV』#93で紹介されている。挿絵は「木星戦役後にブッホ・エアロマシン社のファイルから発見されたシミュレーション画像」という設定。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

Iフィールド
ビームを無効化する装置。
サイコミュ / ネオ・サイコミュ
ラフレシアにも搭載されているマン・マシン・インタフェース。『GAME'S MsV』ではサイコミュとネオ・サイコミュの双方を搭載しているとする記述が見られる。

武装・必殺攻撃[編集]

大型メガ粒子砲
機体中央に内蔵されているビーム砲。
ファンネル
ネオサイコミュシステムによって制御される円筒形の無線式誘導兵器。形状がα・アジールに搭載されていた物ではなく、ヤクト・ドーガサザビーと同型の物になっている。
バグ
円盤型の自立型対人感応殺傷兵器。本機はこれをコントロールすることが可能である。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

α・アジール
原型機。
ラフレシア
同組織で開発された機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]