クロスボーン・バンガード

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

クロスボーン・バンガード(Crossbone Vanguard)[編集]

機動戦士ガンダムF91』と『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場するが、指導者と組織の理念が異なる。略称は「C.V.」

元は民間企業のブッホ・コンツェルンが組織した私設軍隊「バーナム」を拡張した組織で、巷では「宇宙海賊」と呼ばれている。宇宙世紀0123年に「コスモ・バビロニア」建国のため、サイド4フロンティアサイドを襲撃。コスモ・バビロニア建国後は、クロスボーン・バンカードを国軍とした。その後、地球連邦軍の駐留軍を撃滅してコスモ・バビロニアを勝利に導いた。

しかしその後、ロナ家のベラ・ロナが貴族主義を反対する演説を行った影響で組織は崩壊。その崩壊した組織を、今度は崩壊させた張本人であるベラ・ロナが復興させて宇宙海賊に仕立て上げた。新生クロスボーン・バンガードはベラの指揮の下、木星帝国と熾烈な戦いを繰り広げることになる。

メモ[編集]

クロスボーン・バンガードとブッホ・コンツェルンの関係は他で例えるとエゥーゴアナハイム・エレクトロニクス社の関係とほぼ同じ。文字設定記述などでは混同した記述が少なからず見受けられるので注意。

クロスボーン・バンガードの兵士は、地球連邦軍に入隊して戦術を学ぶと同時に、地球連邦の腐敗政治を教え込まれる。そして帰還した兵士はブッホ・コンツェルンに帰還して本格的な戦闘技術と貴族主義を叩き込まれる。兵士として能力は地球連邦軍の兵士より熟練している。

また、ブッホ・コンツェルンはモビルスーツの小型化やビームシールドの一般標準装備化をいち早く成功させ、主戦力とした。

登場作品[編集]

機動戦士ガンダムF91
機動戦士クロスボーン・ガンダム

人物[編集]

マイッツァー・ロナ
ロナ家の当主であり、クロスボーン・バンガードはロナ家の為にある。
カロッゾ・ロナ
クロスボーン・バンガードの総司令官。
ドレル・ロナ
ロナ家の一員。自ら戦場に立ち、ドレル大隊を率いる。
ザビーネ・シャル
ブラック・バンカードを率いる。後に二度離反する。
ベラ・ロナセシリー・フェアチャイルド
クロスボーン・バンガードと戦い、後に復興させて木星帝国と戦う。
シェリンドン・ロナ
ロナ家一員で、コスモ・クルス教団を率いる。
キンケドゥ・ナウ
ベラ・ロナ率いる新生クロスボーン・バンガードのエース。
トビア・アロナクス
民間人であったが、後にキンケドゥらからクロスボーン・バンガードを受け継ぐ。

機動兵器[編集]

「バーナム」時代[編集]

ガンダムAN-01"トリスタン"
ガンダムNT-1の改修機。元々はサナリィが所有していた。
バイアラン・イゾルデ
バイアランの改造機。バイアラン・カスタムのパーツが使用されている。
ジェガン (バーナム所属機)
ジェガンの改造機。ビーム・ランサーや追加センサーの形状から、後のクロスボーン・バンガード配備モビルスーツの雛形になったとされる。

コスモ・バビロニア紛争時代[編集]

デナン・ゾン
クロスボーン・バンガードの主力近接戦闘機。機体系譜的には作業用のデッサ・タイプを戦闘用に改修した物。
デナン・ゲー
クロスボーン・バンガードの主力汎用機。
ベルガ・ダラス
クロスボーン・バンガードの上級士官用高級量産機。
ベルガ・ギロス
クロスボーン・バンガードの上級士官用高級量産機。
ベルガ・バルス
クロスボーン・バンガードの上級士官用高級量産機試作改修型。
エビル・S
クロスボーン・バンガードの偵察部隊隊員用機。
ダギ・イルス
クロスボーン・バンガードの偵察部隊隊長用機。
ビギナ・ギナ
クロスボーン・バンガードの次世代指揮官用高機動汎用機。
ビギナ・ギナII
クロスボーン・バンガードの次世代指揮官用近接白兵機。
ビギナ・ゼラ
クロスボーン・バンガードの次世代指揮官用重火力機。
ラフレシア
カロッゾ・ロナ専用大型MA。
ザムス・ガル
クロスボーン・バンガードの旗艦戦艦。
ザムス・ギリ
クロスボーン・バンガードの一般戦艦。
ザムス・ジェス
クロスボーン・バンガードの巡洋艦。ザムス・ゼナ(『機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』)、ザムス・アダ(『機動戦士ガンダム クライマックスU.C. 紡がれし血統』)等の同型艦を持つ。
ザムス・ナーダ
クロスボーン・バンガードの駆逐艦。
バグ
「ラフレシア・プロジェクト」で開発された無差別大量殺戮用無人機械。

新生クロスボーン・バンガード時代[編集]

クロスボーン・ガンダムX1
クロスボーン・ガンダムX1改
クロスボーン・ガンダムX2
クロスボーン・ガンダムX3
フリント
ゾンド・ゲー
デナン系の流れを汲む量産機
ビギナ・ギナII (木星決戦仕様)
マザー・バンガードバビロニア・バンガード

関連用語[編集]

ブッホ・ジャンク社
ブッホ・コンツェルンの前身。企業閥化したコンツェルンの頃も存在している。
バーナム
ブッホ・ジャンク社の私兵組織であり、C.Vの前身にあたる。
ブッホ・エアロダイナミックス社
一応表向きは「航空機産業部門」となっている、ブッホ社の実質的なMS開発部門。
ロナ家
旧欧州に有った名門家系でシャルンホルスト・ブッホが、ロナ家の家名を買い取った。
コスモ・クルス教団
コスモ・バビロニアを掌握する為の宗教団体。ニュータイプ至上主義を広めている。
ラフレシア・プロジェクト
過剰人口を抑制する為のプロジェクト。カロッゾがその一員となってからは過剰人口を抑制するための大量虐殺兵器を開発した。その存在はカロッゾとその側近の数人しか知らない。

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]