地球連邦政府

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

地球連邦政府(Earth federal government)[編集]

宇宙世紀を舞台とした機動戦士ガンダムシリーズにおける地球上の諸国家・地域を統合する政府。

地球上の人口が爆発的に増加した事による解決策としての「宇宙移民計画」を推進して地球政府としての影響力を高めた。

議会制を敷いており、「連邦最高行政会議」が連邦政府における最高の意思決定機関で、議長、4人の総務議員、大臣に相当する25人の委員長の30人から構成されている。

しかし、U.C.0050年以降に「宇宙移民計画」はストップし、結果的には地上に残った連邦政府高官などの特権意識が芽生え、宇宙に住むスペースノイドとの対立が始まることになる。

人物[編集]

ジョン・バウアー
アデナウアー・パラヤ
ローナン・マーセナス
ゴップ

関連用語[編集]

地球連邦軍

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]