ラフレシア

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ラフレシア
外国語表記 Lafressia
登場作品 機動戦士ガンダムF91
デザイン
  • 石垣純哉
  • 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙用試作型モビルアーマー
型式番号 XMA-01
全高 37.5m
本体重量 184.6t
全備重量 263.7t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 31,650kW
スラスター総推力 1,054,850kg
アポジモーター数 40(本体)
装甲材質 チタン合金ハイセラミック複合材
開発組織 ブッホ・エアロダイナミック社
所属 クロスボーン・バンガード(非公認)
母艦 ザムス・ガル
主なパイロット カロッゾ・ロナ
テンプレートを表示

概要[編集]

ラフレシア・プロジェクト」遂行のために極秘に開発された試作型モビルアーマー。名称の通り巨大な花のような形状の機体である。

花の雄しべにあたるユニットに、花の花弁にあたるバインダーが5基接続されている。バインダーには多数の武装が内蔵されており、Iフィールドも装備している。機体の制御はネオサイコミュシステムによって行われる。このシステムにより完全に思考のみで操作可能となっているが、最大限にシステムを使用するためにはパイロットは光ファイバーで機体と接続するために強化改造が必要となっている。機体各部にはスラスターが多数内蔵されており高い運動性を誇る他、一方向に収束することで加速することが可能である。また、機体の形状的にキャノピー方式のコックピットでは明らかに死角が存在するが、テンタクラーロッドにはカメラアイが搭載されており、その情報がパイロットに直接伝わるため本体全体のカバーが可能。
このようにスペック上は欠点がない機体だが、機体制御が完全に人間の思考によって行われるため混乱したり動揺したりするとそのまま機体の動作に影響が出てしまうことがある。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムF91
映画のラストボスとして登場。ビームの弾幕と無数のテンタクラーロッドにより、ガンダムF91ビギナ・ギナを圧倒するものの、F91のM.E.P.E.が生み出した残像に翻弄された末、コックピット直上の残像をコックピットごと撃ち抜き自滅した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

Iフィールド
ビームを無効化する装置。

武装・必殺攻撃[編集]

メガ・ビーム・キャノン
バインダーの基部に計5門装備されている武装。射角は狭いが、高い威力を持ち、連射性も高い。
メガ粒子砲
バインダー先端に計5門装備されている武装。バインダーが可動する他、砲身も可動するため広い射角を持つ。
拡散ビーム砲
中央ユニットの末端部に8門内蔵されている武装。
テンタクラーロッド
バインダー1基につき25本、計125本装備している。センサーと同時に武装でもあり、内蔵されたスラスターにより有機生物のような可動が可能。先端部にはチェーンソーとビーム砲が搭載されており、ロッド部分は電撃による攻撃をする。ネオサイコミュシステムにより高い精度を持ち、敵機の拘束や解体を自在に行っている。
バグ
自律型の殺傷兵器。本機と共にザムス・ガルに収容されているが、ゲーム作品では本機の武装として扱われることが多い。これに倣ってか、『ガンダムビルドファイターズトライ』最終回でカリマ・ケイが使用するラフレシアはバグを搭載している[1]

対決・名場面[編集]

ガンダムF91

関連機体[編集]

メドザック
本機のデザインの基となった機体。余談の項を参照。
エビル・ドーガ
本機と同時開発されていた機体(もしくは本機の前段階として開発されていた機体)。
バグ
ゲーム作品などでは本機の武装として扱われることが多い。
ネオガンダム
本機と同様、ネオサイコミュシステムが搭載されている機体。

余談[編集]

  • ラフレシア誕生の陰には「メドザック」という幻の機体が存在する。メドザックは『F91』に登場予定のモビルアーマーだったが、相当なボリュームのデザインから不使用となり、急遽、何とか動かせるようにデザインしたラフレシアが用意された。このラフレシアのテンタクラーロッドは、メドザックの物と比べて本来の機能がオミットされているとの事。なお、メドザックのデザイン画は、富野由悠季監督のラフスケッチを基に石垣純哉氏が描いたラフデザインまでしか存在していない。

商品情報[編集]

脚注[編集]

  1. 目撃したヤス・メグタが「設定では、ラフレシアに搭載されていないはず!」と発言しているため、搭載が意図的であることがわかる。

リンク[編集]